あがり緊張克服の話し方教室、あがり症、話し方、話し方講座、東京、名古屋、大阪、福岡
  • 17件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ

30/6/2016


会社での経歴が長く、専門的な知識を持っていると、1時間程度の講演を依頼されることがあります。

しかし、自分は、「あがり症である上に、話し方が上手ではない」と感じている人なら、1時間の講演は、あまりにも長く感じるのではないでしょうか。
……

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

29/6/2016


スピーチをするとなると、「しっかりとスピーチできるのだろうか」と考えてしまい、緊張してしまうことはありませんか?

それが大勢の前でのスピーチなら、あがり症の人でなくても頭が真っ白になってしまい、普段会話している時のように、すんなりとは話しにくいものです。
……

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

27/6/2016

コミュニケーションにおいては、聞くことが大切です。しかし、あがり症を気にして単に聞いているばかりでは、せっかく広がっていた会話が途切れることがありますよね。

そこで大切なのが「相づち」です。会話の合間にタイミング良く相づちが入ることで、より話が弾みます。今回は、相づちを打つ時の適切な言葉やタイミングについてご紹介します。 
画像:写真AC
……

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

24/6/2016


指示命令が伝わっていない、なぜだろう?

職場で部下に簡単な仕事の指示を出したのに、その指示が伝わらず、部下は完全に自分のペースで仕事を進めてしまった、という苦い経験はありませんか。
……

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

23/6/2016


結婚式は、新郎新婦の晴れ舞台。結婚式でスピーチを頼まれると、「せっかくの晴れ舞台が台無しにならないか」と心配する人もいるのではないでしょうか。あがり症の人なら、なおさらですよね。

そこで今回は、結婚式でのスピーチを成功させるポイントをご紹介しましょう。
……

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

21/6/2016


電話の苦手意識の克服法

コミュニケーションのツールとしてメールやSNSが普及している現在、電話で話をすることが少なくなっています。ですから若い人には、あがり症でなくても電話が苦手と感じる方が増える傾向にあります。
……

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

20/6/2016


ディベートで意見を述べるには

ディベートと言えば、意見と意見がぶつかり合う場、というイメージが先行していることもあり、あがり症だと、できる限りディベートへの参加はしたくないと感じるのではないでしょうか。
……

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

18/6/2016

ディスカッション下手を克服する

5~6人程度のグループで討論を行い、グループ内で結論を導き出すことを「グループ・ディスカッション」と呼んでいます。

しかし、あがり症だと「こんな発言をして大丈夫だろうか?」、「自分の話し方で大丈夫か?」と不安を感じ、メンバーの前で発言することに躊躇してしまうのではないでしょうか。……

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

17/6/2016


あがり症で会話が苦手な人は、どのような話し方をすれば良いのか分からず困っているようです。あがり症でも、そうでなくても、せっかく会話するのなら、好感をもたれる話し方をしたいものですよね。

では、どうすれば、好感を持たれる話し方ができるのでしょうか?今回は、楽しくコミュニケーションをとる簡単なポイントを押さえましょう。 
画像:写真AC……

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)

14/6/2016


営業と言えば、セールストークが重要、そんなイメージがあるのではないでしょうか。ですから、あがり症の人達は「営業には向いていないのでは?」と悩んでしまうことがあります。

でも、ご心配なく。口数が少なくても、営業成績の良い方はたくさんいます。彼らはいったい、どのような営業を行っているのでしょうか。 
画像引用元:写真AC…

続きはこちら

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 17件中
  • 1 - 10件を表示
  • 次へ