無添加食品や化粧品で皆様の健康生活のお手伝いをします。

アトピー性皮膚炎

  • ヘルシーショップハイブ
  • at 2008/7/25 11:38:52

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、繰り返し発症しながら長期間続く皮膚炎で、症状は痒みのある湿疹が中心です。
約80%の患者が、5歳までに症状が始まることが多いのが特徴です。

アトピー性皮膚炎は、顔や首、肘や膝のくぼみにできやすく、悪化すると胸部や背部へ拡大していき、強いかゆみをともないます。
幼児期には背中などが乾燥し、鳥肌様の変化(アトピー皮膚)が現れます。苔癬化という皮膚が硬くなる変化もおこります。

アトピー性皮膚炎の症状は、ふつう夏に軽快し、冬に再発する場合が多いです。また、乳幼児期に始まったアトピー性皮膚炎が成人期まで続くこともありますが、中には成人になってから発症する人もいます。
喘息・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎など、他のアレルギー疾患が同時に見られることが多く、伝染性膿痂疹(とびひ)などの感染症、白内障、網膜剥離などもみられます。

アトピー性皮膚炎は、近年、世界的に増加傾向にあります。

原因


アトピー性皮膚炎は、アトピー素因(アトピー体質)という遺伝的に痒みを起こしやすい体質の人が、さまざまなアレルゲン(抗原)と機械的刺激にさらされた時に起こる皮膚炎であると考えられていますが、その原因やメカニズムは、まだ充分にはわかっていません。

悪化の原因として

気候
発汗
体調
過労
ストレス

などの要因もあげられています。
また、原因となる物質には

ハウスダスト(家庭内のほこり)
花粉類
カビ
犬や猫の毛
さらには昆虫の糞や住宅建材の処理剤

といった、生活環境中の物質に多くみられます。また、とくに乳幼児では牛乳、卵、大豆、そば、小麦粉などの食物がアレルゲンとなることも少なくありません。

予防

アトピー性皮膚炎の予防で大切なことは、乳幼児期では食べ物です。食べ物がアトピー性皮膚炎の悪化因子となることが多く見られます。
乳幼児期を過ぎると、ハウスダスト、カビなどの 環境的な要素です。

この環境的な要素は生活の中の工夫や努力によって、かなり減らすことができます。特に、ダニはアトピー性皮膚炎に深く関係する悪化因子です。
ダニはホコリを餌に繁殖します。普段からこまめな掃除を心がけ、室内を清潔に保つことが大切です。
特に寝室の掃除や換気は念入りに、また寝具のダニ対策も試してみてください。 毎日の入浴・シャワー等で皮膚の衛生にも注意し、また保湿剤等で皮膚の乾燥にも注意しましょう。
食生活では栄養のバランスに注意しましょう。

現代の食生活にみられるリノール酸(脂肪の一種)の取り過ぎは、皮膚炎や鼻炎などの炎症を増やす原因の一つになっています。リノール酸を減らし、魚の脂肪を食べてバランスをとることが必要です。油いためや揚げ物は極力少なくし、甘いものの取り過ぎや添加物などの摂取に注意し、動物性食品・野菜・魚肉のバランスをとり、油科理を減らした豊かな食生活を楽しむことがアレルギーの克服には大切です。

M2ジェル
敏感肌の方も安心してご使用いただけます。
ルイボスティーエキス入りのジェルタイプクリーム
水晶のちから スーパーumo還元濃縮液
水晶石を高温で焼き、純粋な珪素を抽出。
活性珪素「umo」は、水晶から抽出された水溶性珪素


※この記事は 「自然食品のお店 ヘルシーショップハイブ(http://www.hibee.net/illness/1607.html)」 と重複しています。ご了承下さい。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/1301

鰹ふりだし  惚れ惚れウンコの素  重曹で洗濯しましょう

水晶の力UMO  乾燥納豆  鰹ふりだし