無添加食品や化粧品で皆様の健康生活のお手伝いをします。

アレルギー疾患

  • ヘルシーショップハイブ
  • at 2008/8/08 13:46:14

アレルギー疾患

アレルギ-体質の人の体内では、異物が皮膚や口・鼻・胃腸粘膜を介して侵入してきた場合、「からだに不利益に働く」アレルギー抗体が作られます。
次に、その抗原が再度侵入すると、抗体が反応して、肥満細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が分泌されて、咳、じんま疹、嘔吐、下痢、鼻水、クシャミ、呼吸困難などの異常な反応が出現してきます。

このように、本来はからだを守る免疫反応が、「体に不利益な反応」となって現れる症状をアレルギー疾患と呼びます。

アレルギーがもとでおこる病気は、アレルギー性疾患としてまとめられますが、気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎、じんましん、花粉症、アレルギー性胃腸炎、じんま疹、アトピー性皮膚炎など様々な病気があります。

アレルギーの症状は、病気により様々です。最近の調査ではアレルギー症状がある人の15年前と比べて3倍も増えています。近年では特に急増しています。アレルギー発症は4歳ぐらいまでが特に多いのですが、成人してから発症するケースも見られます。またアレルギー体質は、劣性遺伝をするので注意が必要です。

原因


アレルギーを起こす原因となる抗原(アレルゲン)は様々なものがあります。

【吸引性抗原】
CM等でもよく見かけるハウスダスト(細かな埃やダニの死骸など)、花粉類(スギ花粉等)、カビ、そば粉、ペットの毛など。
呼吸することによって、気道から体内に入ります。

【食餌性抗原】
卵、牛乳、さば、そばなどの食品が原因になります。

【細菌抗原】
ウイルスがアレルゲンとなります。

【薬剤抗原】
ペニシリンなどの薬が原因になります。

【接触性抗原】
うるしなどに接触することでかぶれが起こります。

また、アレルギー症状を悪化させる原因として、タバコの煙、車の排気ガスなどの化学的な刺激、風邪などの細菌感染、ストレスや不安などがあります。

アレルギー症疾患はアレルゲンなどによる体質的な要素と環境的な要素が複雑にからみあっていると考えられています。

予防

アレルギーが原因のぜんそくの場合、原因であるアレルゲンを特定し、身の回りから除去し、できるだけ接触しないような環境作りを心がけることが大切です。

生活習慣を見直すことも重要です。タバコは吸わず、アルコールを過度に飲まない、適度に続けられる運動をする、冷水摩擦や冷水シャワーを行って、体そのものを強くし免疫を高めることも大切です。

食生活では炎症を抑える事と免疫の調整をしてくれる食べ物、特にビタミン類やミネラルを多く含んだものをバランス良く摂る事が大切です。
ヒスタミンやコリンを多く含むたけのこや鮮度の落ちた魚介類や食品添加物をできるだけとらないようし、香辛料などの刺激物も避けるようにします。

新・爽快人生DX
マカ・亜鉛・ローヤルゼリー
ガラナ・ノコギリヤシ等配合。
ビタCエチケット500
ビタミンC・アセロラ配合
シャンピニオンエキス配合。


※この記事は 「自然食品のお店 ヘルシーショップハイブ(http://www.hibee.net/illness/1615.html)」 と重複しています。ご了承下さい。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/1465

鰹ふりだし  惚れ惚れウンコの素  重曹で洗濯しましょう

水晶の力UMO  乾燥納豆  鰹ふりだし