無添加食品や化粧品で皆様の健康生活のお手伝いをします。

白内障

  • ヘルシーショップハイブ
  • at 2008/9/19 15:19:54

白内障

瞳孔の後部にある水晶体という透明なレンズがにごる病気です。
最も多いのは、加齢に伴う老化現象の老人性白内障で、目の老化で白内障が発症しますが、60歳代で70%、70歳代で90%、80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障による視力低下が認められます。

このほかに先天性白内障や併発白内障、外傷性白内障、糖尿病性白内障、ステロイド性白内障、放射線性白内障があります。
初期は、小さな虫のようなものがちらついたり、まぶしさを感じたり、物が二重に見えたりしますが、進行すると視力が低下し、ついには光しか分からなくなってしまい、瞳のところが白濁してみえます。
しかし、手術をするほど進行してくるのは、一部にすぎません。水晶体に少し濁りがあっても、まったく症状がない人も少なくありません。遺伝的な素質により、白内障をおこした出生児の瞳孔は白くなり、視力障害がしだいに進行することもあります。
目の外傷、アトピー性皮膚炎、糖尿病、栄養失調などが原因の白内障は若いうちからの発症が多いことが知られています。

原因


老人性白内障
水晶体がにごってくる原因については、はっきりわかっていません。

先天性白内障
遺伝的な素質により、おこることが多く、妊娠初期のウイルス感染、特に母親の風疹などが原因で、出生児に白内障が出現することがあります。先天性風疹症候群が有名です。

併発白内障
ぶどう膜炎、緑内障、網膜色素変性症などの病気が原因となって白内障を併発します。ほかに、糖尿病や、テタニーなどの全身性疾患でも起こります。

外傷性白内障
打撲、傷などの外傷により起こる白内障です。

糖尿病性白内障
糖尿病による白内障です。

ステロイド性白内障
ステロイド薬の長期使用によって起こる白内障です。

放射線性白内障
放射線被爆を原因とする白内障です。

予防

白内障の予防としては、偏食を避け、バランスのよい食事を心掛けることや、サングラス等を使用しより強い紫外線、放射線、赤外線を避けることが挙げられます。糖尿病など白内障の原因となる病気を防ぐことも大切です。

白内障を防ぐと言われる食品は、ビタミンE(大豆、玄米、植物油、ごま、うなぎなど)、ビタミンB2(のり、レバー、納豆、鶏卵、いわしなど)、ビタミンC(緑色野菜、いも、柑橘類など)です。

逆に白内障を助長すると言われている食品としては、古い油を使った揚げ物、古い魚の干物などです。

いきいき玄米パウダー
お米に混ぜて炊くだけ
安心素材で栄養満点!
海苔と本鰹ふりかけ
天然の調味料だけで味付けしました。
焼津産の鰹と有明産の海苔をベストブレンド。


※この記事は 「自然食品のお店 ヘルシーショップハイブ(http://www.hibee.net/illness/1665.html)」 と重複しています。ご了承下さい。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/1813

鰹ふりだし  惚れ惚れウンコの素  重曹で洗濯しましょう

水晶の力UMO  乾燥納豆  鰹ふりだし