体型を測定して、自分の体型に合ったまくらやマットレスが選べる!作れる!お店です。四季や住環境、体質を考え寝具全般をご提案。

腰痛の人へ!敷きふとん

体圧分布シートで敷き寝具選び

  • 有限会社いろは
  • at 2010/5/19 17:57:53

いろはの岡田 直之です。1971・亥・9.24天秤座 O型


今日は、風邪薬を飲んだ影響か物凄く眠い!

皆様、今日1日の疲れを明日に引きずることなく、ちゃんと
”リセット”できてますか?

枕も大事ですが、体を預ける敷きふとんやベットマットも重要なんです。
様々な敷きふとんがございます。

当店は、体圧分布シートがございます。これを使えば理想の敷きふとんをお選びいただけます。

朝、起きて肩が痛いとか、腰が痛いとかお悩み中の貴方に知って欲しい。


上が足の方で下が頭です。画面左:仰向け寝 真ん中:横向き寝です。
寝た時に、背中や腰が一番重く、横向きでは腰が張ってる人もいます。
背中は浮いている状態となりますが、体圧分散されています。
この敷きふとんは体圧分散に優れております。


この敷きふとんは、背中の浮いてる所は浮きっぱなしで、背中とお尻に物凄く圧がかかっております。この2点で支えている敷きふとんだと、お尻の圧が腰を悪くしたり、背中の圧が腰を悪くしたり、肩や首を悪くします。横向きでも、腰骨のあたりに物凄く圧がかかっています。

耐久年数を越えた寝具は体に負担をかけるだけです。今お使いの寝具を見直しませんか?

体圧分散なら、柔らかいのを使えばいいんでしょう?と、どこからともなく声が聞こえてきそうですが、それも間違い!

その昔、ウォーターベットが体に一番優しくて良いと言われていました。
しかし、人間は寝返りするのです。夜中2~30回しております。
ただ仰向けに何十分か寝ている時は、体圧分散がしっかりと!されて理想の寝姿勢を保てます。

しかし寝返りがしにくいのです。敷きふとんや、ベットマットは固すぎず柔すぎずが良いのです。

当店は寝具、眠り屋としてお客様お一人お一人にご提案させていただいております。

毎日使う物、健康、快眠にはかかせない寝具。だから説明するんです。今のセルフのお店が軒並み多い中、時代錯誤の当店かもしれませんが、快眠で日本国民を今以上に元気にしたい!と志を持ち店を構えております。

それでは皆様、お疲れ様でした。

 

 

 


 

★☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆★
    有限会社いろは
    〒811-1302 福岡市南区井尻4-2-1
    西鉄大牟田線【井尻駅】下車 1分
    車でお越しの方は、お近くのコインパーキングにお止めください。
    TEL 092-581-4380 
   FAX 092-582-3231


    メールでのお問合せはこちら

     ~まくらと眠りと寝具のお店~
★☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆★

Google maps
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/8490