東区和白で鍼灸 整体 エステで、皆様の健康を応援しています。

店長日記

9カ月ぶりに

  • 皇法健康所
  • at 2017/4/18 20:00:00
      久し振りの来訪に

 今年79歳を迎える方が、遠賀から福岡での会合に来られたその帰りに「こちらに来たので今から診てもらえませんかと電話が入りましたのでお受けしました」と妻から連絡がありました。

 入ってこられた時の様子があまりにもお疲れの様子で、訴えられる症状が「耳鳴りがしたり、少し遠くなってきたので補聴器をつけるようにました。
 目の方は白内障の手術をして、さらに最近緑内障の手術の時眼圧が上がったので、左右の手術を日をあけてしました。
 昼間でもトイレに頻繁に行き、夜は一時間ごとに起きるので寝る間もありません」とかなり深刻な症状でした。


 先ずは伏せて体の状態を診ていくと、ふくろはぎは冷たく固く、肩は凝っていました。本人が言われるのに「最近はウオーキングをして体を鍛えています」といわれましたが、この状態ではその効果は期待できないのではと思いました。

 ふくろはぎに皇希水を使って解したことで、肩のこりが取れましたが「なぜそこを解したら肩が楽になるのですか、いつも不思議に思います」と次第に気持ちも解れてきた感じになりました。

 事前の手当てが済んで<尻押し>の基本から、体全体を解していき、遠赤ドームに入っていただき、体を温めていくとすぐに寝られました。


 仕上げの段階で、頭頂部・目の周辺・耳の快痛点を探して<瘀血処理>をしていきましたが、時々思い出されたのか寝言なのか声が出ていましたが、そのまま一寝入りという感じでした。

 年がいっていますので強い刺激より、気持のよい刺激をしていきながら<気を蓄える補の施術>をしていきました。

 次第に気持ちが良くなってきたのか「今日福岡であった会合に出席して、とにかく和白に久しぶりに行きたいと思ってきましたが、体全体が軽くなりました。
 今歩いてみましたが、脚が軽くなっています、家から出るのがおっくうになってきましたが、ここに来たら帰りはあのけだるかった自分は、どこにいったのかといつも思います」といわれました。

「何時もは一時間おきにトイレに行きますが、行っても余り出ません。ここに来たら2時間経っても行きたくならないし、これまた不思議に思います」と足取りも軽くなられ、妻が「駅までお送りしますので・・」という言葉で、車に乗り込まれました。



水晶のちからは、ヘルシーショップハイブさんで販売しています。

鍼(ハリ)・整体・エステ  皇法健康所

定休日:水曜日・日祝日
住所:福岡市東区和白5-15-15
TEL:092-607-4710
お問い合わせは、こちらから


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/35048