東区和白で鍼灸 整体 エステで、皆様の健康を応援しています。

店長日記

新学期前

  • 皇法健康所
  • at 2009/8/31 19:39:17

        新学期を控えて

 3学期制の学校では「明日から新学期が始まりますが、そうなるとなかなか和白まで来るのに時間調整が必要になるので」といわれて来られた先生がおられます。

 中体連が終わり、新チームでの新人戦に備えて久しぶりにバレーボールを生徒のために打ったら、右の方ばかり使って、左の腰のところに違和感が出たそうです。

 今までは男性の先生が打っておられたようですが、体調を崩されて休まれているので、自分が今までお世話掛けていた分と思って張り切って、ボールを打たれたようです。

 足の方は皮膚がむけているので手当てとしてしますが、水晶のちからと不思議油(馬油)の併用で随分綺麗になってきています。

 その皮膚の障害ができた頃から、鼻でにおいを嗅いでもそれを感じなくなったそうです。


 東洋医学では

 皮膚病と鼻は肺・大腸の金性のつながりが深いと五臓の色体表に示されています。
 金性の強化の為に 水晶のちから を積極的に使うことを指導し、10倍液を鼻に入れていただいています。

 顔の筋肉を解しながら、水晶のちからと温熱で手当てをしていますが「最近少しにおいが・・」といわれました。
 良く考えたら足の皮膚疾患がひどくなってきた頃から、鼻のにおいが判らなくなってきましたといわれました。

「足の状態と鼻でにおいが判るようになるのは、同じ頃ですかね」というと「自分でも何となくそのように感じますので、治るのを楽しみにしています」と。  


  • コメント (2)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/5088

コメント

とても不思議ですね。初めて知りました。

  • Posted by すず
  • at 2009/09/02 10:34:04

東洋医学を生活に生かして

 一つの症状を看る時に、五臓の密接な関係があります。
 それを五臓の色体表として、東洋医学を学ぶ方は勉強します。

 それをどのように活かしていくか、体と心の繫がりを看ていくと不思議な関係が判ってきます。

 時間とられてその触りでも体験されて、生活に生かされたら如何ですか。

  • Posted by 皇法健康所
  • at 2009/09/02 17:22:13