東区和白で鍼灸 整体 エステで、皆様の健康を応援しています。

店長日記

力士が

  • 皇法健康所
  • at 2009/11/04 18:40:11

       九州場所を控えて

 九州場所を控えて、大勢の力士が福岡に入っています。

 次男の和尚と同じ臨済宗・承天寺一派の寺の境内で稽古に励んでいる力士が「腰が痛いので何とかして欲しい」といわれてこられました。

     

  ベットを二台付けて施術をしました。

 さすがに力士は大きかったですし、整体と温熱と水晶のちからでの応用施術になりました。

 腰の状態は施術が終った後にいろいろな角度で確認していましたが「随分楽になりました」といわれました。

        

       

  腰の状態を確認し終えた後「実は右の肘も痛いのですが・・」と申し入れがありましたので、同様の手当てをしていきました。

 激しいぶつかり稽古で、故障した箇所はほとんど治ることはないのではないかと思われました。
 右肘もまっすぐ伸びることはできないで、曲がったままで相撲をとっているようでした。

 その右肘も、筋肉を解すことで「随分軽くなりました」といわれましたが、稽古をされた後にどのようになるのか・・・


 普通指導している「少しやせられたほうがいいですよ!体を冷やさないようにして下さい!確り運動をしてください!」という指導は、力士にとってはあまり必要ないことのようです。

 出身は東京で、部屋の前には治療院があるので行かれているようですが、福岡ではあまり知らないので、寺の和尚に相談したら「一門の和尚の父親が治療院をされているので、連絡してあげましょう」と紹介してくださったようです。

「場所中、また何かあればお世話になると思います」といわれていましたが「平日なら予約されて来て下さい。何とかいい状態で本場所が終えるお手伝いをいたします」といって見送りいたしました。

 次男の和尚は来られるときは途中まで迎えに行き、終った後は部屋のある寺まで送っていかれたそうです。

 

 


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/5807