東区和白で鍼灸 整体 エステで、皆様の健康を応援しています。

店長日記

待っていてくれて

  • 皇法健康所
  • at 2009/11/17 18:58:19

         「今度は少し空きました」

 大分に出張に行った帰りに、朝倉市の甘木・安長寺に寄って、義弟の和尚夫婦の都合が付けば整体をして帰ります。

 毎月「今度は別府の帰り、大分の帰り」と押し掛けても行くのもどんなものかと思いますが、こちらが急いで帰らねばならない用事もあり、ここ数ヶ月連絡しませんでした。


 その連絡は妻がしてくれていますが、今月は久し振りに連絡したら「お茶会の用事もなく、寺にいますので宜しくということですから、別府の帰りに寄って下さい」ということになりました。

 還暦を過ぎたら 手入れが必要な歳になります。

 一通りの施術が終わり「ここ数ヶ月してもらっていなかったので・・・」といわれましたが、あちこちとこりや張りが出ていて<多少痛かった>ようでした。

 義弟ではありますが、次男の西福寺の和尚の師匠でもありますし、いろいろと指導していただくことが多々あるでしょうから、そのお礼の意味合いもあります。


 奥さんも一緒にさせていただきましたが「何故か最近、左の手がしびれ、胸がバクバクするので病院にいって検査をしてもらったが、別に異常ない」と言われたそうです。

 それではということで、手の経絡の心臓・小腸 を重点的に解していきました。

 特に小指と薬指の指先に、汚血が溜まっているようてした。

「この指が心臓に関係した経絡になるので、その指を集中的にしましたので・・・」と説明しました。

 終った時の一声が「何故か胸の周辺のつまりが、すっきりした感じになりました」とお礼をいわれました。

 兄弟がこうして仲良くできるのは、妻も嬉しいと思いますし「今日は弟夫婦がお世話になりました」とお礼をいわれました。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/5954