福岡市東区にある三苫小学校のPTAの情報サイトです。

6年生総合学習

  • 三苫小学校PTA
  • at 2011/3/08 15:58:31

2月23日に、6年生の総合学習として、ゲストティーチャーに
福岡ソフトバンクホークスの高橋和幸さんが来られました。

今回のテーマは、

「ぼくの夢 わたしの夢
 みんなに夢を与えるプロスポーツ選手に生き方を学ぼう」。



高橋さんは、1995年に福岡ダイエーホークスに入団し、
2005年に退団されました。
現在は球団職員として、野球振興部でお仕事をされています。


「よろしくお願いします」
ホークス講演 



高橋さんのお話を静かに、真剣に聞く6年生達。
ホークス講演 



こども達にもわかりやすいように身近な話題を例えにしながら、
お話してくださいました。
ホークス講演 


最初は野球がうまくなかったという高橋さん。
上手になりたくて、毎日4kmのランニングをされたそうです。
小学4年生の時、初めてレギュラーに。

高校に入ると夢は甲子園に行くことになりました。
この時は、どうすれば甲子園に出られるのかをいろいろと考えました。

そしてプロになり、こどもの頃からの夢がかなった高橋さん。
でも、プロになる事は夢のゴールではありません。
1軍に上がって活躍したい!と頑張りました。
足の靭帯断裂という大ケガもして、これまでの練習だけでなく、
食事や生活習慣にも気をつけるようになったのだそうです。

ケガのしにくい身体になり、ようやく1軍に上がった時の初打席は、
一生忘れられないそうです。

退団後は、こども達に野球の楽しさを伝えていく中で、指導者として、
もう一度ユニフォームを着たいという夢を持つようになったそうです。



夢をかなえる為には、自分が何をしたいのか、何ができるのかを見つけること。
その為にどう行動すればいいのかを考えて実行すること。
一人で努力してできる事もあるけれど、周りに相談してみる事も大切。

と、高橋さんは言われていました。




お話が終わったあとは、質疑応答の時間に。

「6年生の時はどのくらい練習をしていましたか?」
「プロの時はどんな練習をしていましたか?」
「手の皮は何回くらいやぶれましたか?」

など、いろいろな質問があり、高橋さんはどれにも丁寧に答えられていました。


質疑応答のあとは、素振りを見せてくださいました。
「現役のころはもっと早かったんだけど」と言われていましたが、
こども達は「お~~~!」とびっくりして見ていました。
ホークス講演 


次はスピードガンで、自分の投げた球の速さを測ってもらえる事になりました。
こんな感じで測って頂きました。
ホークス講演 


希望者がたくさん!これで半分くらいが終わっています。
ホークス講演 


男の子も女の子も、楽しそうでした。
ホークス講演 ホークス講演


最後はジャンケン大会。勝った子は、昨年のホークス優勝のクリアファイルがもらえました。
その他、全員にカードをお土産で頂きました。
ホークス講演 

 
高橋和幸さん、ありがとうございました。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/17121