【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

店長日記

○今日は、創業記念日(10周年)です

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2008/6/20 15:28:11

 
本日、6月20日は、記念日でして、
 
1)【末次通訳事務所】を創業して10年にあたります。
 1998年6月20日、13時に、公式に、開業しました。
 (尤も、その一年前から、試験的に、通翻訳業務をして折りましたが)
 
尚、創業10年を記念した、無料通信講座を一カ月実施します
If you are really interested in this, please click the following URL
and check it.
○<<創業10周年記念の 無料通信(実用英語)講座実施のご案内>>
 
当時、掛け持ちで仕事を輸入のお仕事をしていました、小竹町のチューリップ園(岡重機建設さま)を
 この日に退き、午後から、通訳翻訳業務として、【末次通訳事務所】を立ち上げました。
 
 株式や有限会社の法人とは違い、個人事業の商売ですから、
 大そうな事ではありませんが、
 上手く行かなければ、自決する覚悟で、色々と追い込まれた私が、
 英語に全てを賭して、立ち上がった日でした。(今でも、自決する覚悟でおります)
 
2)私は、自分の英語運用力を高める為けに(今でもそうです)、この通翻訳業務を始めました。
 故に、料金の低額で、しかも分野を問わず、お仕事を引き受ける日々でした。
 
 通翻訳の仕事が自分にとっては、英語の勉強と思っていますので、
 自分を鍛えながら、良い品質の通翻訳が提供できる様に、当初から取り組みました。
 最初の2~3年くらいは、大変に厳しい仕事となりましたが、
 段々、力が上がってくるのと同時に、品質面も満足できる様になってきました。
 
 *仮に、通翻訳業務で技術的に失敗や間違いあっても、
 最初から、承知の上の覚悟で、取り組みました。
 実際、最初の頃は、色々な失敗がありましたが、それこそ、現在までの血肉になりました。
 失敗しても、継続して、成功するまで取り組むことで、
 失敗は、失敗でなくなります。
 
3)創業以来、この10年間、本当に色々な事が有りました。
 机上での理路でなく、10年間、実際にプロとして通翻訳業務をこなす中で、
 様々な経験が、私自身の通翻訳業務、経営、人材育成などの上で
 大きな勉強になりました。 
 また、敢えて、実験として、色々な事を行いました。
 様々なサービスやセミナーの発案、告知、実施、経営資源への投資、
 人材の育成、起用、他社との提携、異業種交流会の活動他などです。
 人との接し方も、実験として色々な事をわざと行いました。
 理論では得られない実際の効果を観たかったのです。
 
また、6月20日は、1992年には、最初の勤務先、昭和貿易株式会社を退社した日でもありました。
私単独で、第三事業部企画開発部の東京市場開拓を任されましたが。
退社で上司をはじめ、皆様にご迷惑を掛けて、申し訳ない気持ちもあります。
ですから、当初、上司に約束したとおり、優れた通翻訳者にならねばなりません。
退社の理由は、プロ通訳者になるには、このまま何年も企業勤務では難しいと判断したためでした。
 
その後、ジャパン・タイムズ社に就職活動をして、最終まで残りましたが、
数年で前の勤務先を辞める程度の人はちょっと・・と幹部の方から
指摘されまして、その後、苦闘の日々で、1998年まで、仕事面で苦心が続きました。
理想を追いながらも現実を見なければならないという点でした。
 
しかし、1998年の今日に、死ぬ事を覚悟に、思いきって、
商売を始めてよかったです。
 
この10年間の業務経験を元に、末次通訳事務所は、
少しずつ、兼ねてから目指している方向に、進んで参ります。
いずれは、関西へ、そして、その後、関東に再び、移る事になる可能性が
9割なのですが、情報化社会の今、何処に居ても、差異はありません。
皆様、どうぞ、相変らずのお引き立てを賜ります様に、此処にお願いを申し上げます。
 
=================================
○二刀流BIZ英語講義 7 I'm 41 years oldの表現応用#3
 
 
★標題講義ですが、前回からの続きで、
 I am 36 years old. の表現パタンである、
<is/are +数字+単位名詞+形容詞(副詞)>>からの応用です。

ある1つの言い方から次の言い方に応用させることが
 英語力向上のコツです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ★★前回の復習です:

★ 「目標まであと○○」という言い方も出来ます。

「沢村投手は、200勝まであと3勝です」
 Sawamura is just 3 wins short of 200 victories.

 ★ビジネスでは、以下の様に使えます:
「私は、今月の売上目標にあと10万です」
 I'm just 100,000 yen short of the monthly sales target.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ★上の言い方をさらに広げます:

 「弊社は、昨年の年間利益に1000万円以上も未達でした。」
 We were over 10 million yen short of our annual planned profits last
 year.

 ★ 次の言い方はどうでしょうか?

 <live を使って> is/areをlive に変えても表現パタンは同じですね。

 I live three blocks away from Hakata Station.
 「私の住まいは、博多駅から、3ブロックはなれた所です」

 Iizuka is a few towns away from Fukuoka City.
 「飯塚市は、福岡市から、2-3町離れた町です」となりますね
 
Iizuka City is mountains away from Fukuoka.
数山超えたら飯塚て!

 ★更なる応用例:
 Our factory is (located) 1km away from this office.
 「弊社の工場は、この事務所から1キロ離れた場所にあります」となります。

★ 列車やバスで。

 「<目的地の駅まで> あとどの位ですか?」
 How many stops away are we?

 「あと3つです」
 We are 3 stops away(from Hakata Station). となりますね
この場合の駅は、a stop/stopsですね
 
途中の停車駅の事ですからね

 ご参照にされて下さい。ご質問は何なりとどうぞ。
メール内容が長くなりまして、すみません。
お詫び致します。
【<兵法・英語二刀一流>末次通訳事務所 末次賢治】


  • コメント (1)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/1021

コメント

10周年おめでとうございます。

今後ますますのご活躍をお祈りしております。