【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

☆英語を使うコツ◇

○ビジネス英語に PLAIN ENGLISHを活用しよう!

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2008/7/28 17:52:14

-------------------------------------
弊社の得意技は、Plain English です。
論理的思考が武器になります。論理的思考をベースに
スパッと斬れ味のある英語を使います。これを標榜しつつ、作業をしております。
--------------------------------------
例として、
 

実際のビジネスで使いそうな言い方を、簡単動詞のみで言ってみましょう。

 

『ようこそ、いらっしゃいました。

 (中略)弊社は、今年創業70年を迎え、和菓子の業界では、

高い評価を頂いております。我が社は、国内に8ヶ所の支店があり、

店舗は、20数えます。海外では、欧米に5ヶ所支店があります。

従業員数は、約1000名です。 

弊社の主力商品は、お客様からの根強い人気があります。』

 

 

簡単動詞の実践として、色々と解説する前に、上記の日本語を、

簡単動詞を用いて、英語で言います。以下は1つの英語訳例です。

“  Nice to meet you.  We are very happy to have you here. 

  Let me give you some information about / us our company.

  We are 70 years old this year.

  We have a good reputation in the Wagashi (Japanese Confectionary) business.

We have eight (8) branches and 20 shops all over Japan.

We also have 5 branches in Europe and US.

We have about 1,000 excellent workers.

Our main product enjoys popularity among our customers.

 

上記通り、私達日本人が、中学校の英語授業にて習う平易な単語(動詞)を使って、

言う事が出来ます。

”出来ます”というより、“平易な動詞を使い回す”のです。

 

簡単動詞のhave を何回も使用して良いのだろうか等と、

考える方もおられますが、別に、構いません。

肝要な事は、言いたい事が先方に通じる事です。 

 

“ We are very happy to have you here.” とは、

此処にお迎えして嬉しいという事で、

日本語の、『ようこそ、いらっしゃいました。』に相当します。

 

「支店がある」・「社員は~~名です」という言い方は、

「支店を持っている」・「~~名の社員を持っている」という形に、

 発想を変えて、 have を用います。

 

ご参照ください。ご質問は何なりとどうぞ。

 

---------------------------------------------
<兵法・英語二刀一流>
末次通訳事務所 
英語通訳 末次 賢治 拝
Phone/Fax:0948-28-4035
fuku@eos.ocn.ne.jp
http://plaza.rakuten.co.jp/niten/
http://www.fukunet.or.jp/member/tsuuyaku/


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/1353