【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

☆英語を使うコツ◇

★日本の皆様、ご注目!〇斬新文法:複数を反映させろ!

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2010/11/13 18:57:49
末次通訳事務所展開の通信講座受講者の皆様、その他の皆様方:
 
色々な課題を送付し、皆様から回答を沢山頂いております。
数が多いので、添削に時間が掛っており、
来週に渡り、少しずつ添削しますので、御承知下さいませ。
 
尚、皆様方、
弊社、<兵法・英語二刀一流>を号する、
末次通訳事務所の通信講座の受講者である事に
どうぞ、誇りをお持ちくださいませ。
新しい受講者の皆様方には、
私がかつて翻訳(英語への訳)を務めました、
大相撲力士の四股名解説本を別途送付します。
お楽しみに
 
私が現在担当しております、タバコフィルター工場での
ドイツ人技師らの通訳業務と、あと2週間でとなりました。
何とかこれまで以上により良い英語通訳を実施したいと
思います。

さて、今回は 次の課題(11/12) に付いて、講義をします:
先ずよく見られちな翻訳例をお見せします。

日本語本語に訳して返信下さい(通信講座者は必須の課題)
1) My friends are nice guys.
×→私の友達はいい奴です
 
2) I have cars at home.
×→家に車があります
 
3) Please ship us the samples.
×→サンプルを送付下さい
 
大抵は、この様な捉え方ですが
この種の日本語訳は、大間違いですね
 
a sample と samples
a sample と the sample
samples と the samples は、全て、意味が各々違いますね
その後の流れで、使う代名詞も、動詞も違ってきます。
 
★例その1) a sample → it was
I received a sample of the product, but it was a wrong sample.
 
★例その2) the samples→ they were
I received the samples, but they were wrong samples.
 
★例その3) an apple → it was
I ate an apple last night, but it was not so good.
 昨夜リンゴを1つたべたけど、そんなに美味しくはなかった。
 
★例その4) some apples → they were
I ate some apples last night, but they were so delicious.
 (→こちらの例文では、リンゴを数個食べていますので、they were で対応しますね)
 
つまり、対象物の数が違えば(複数と単数とでは)、対象物の云い方(→つまり、情報内容)が
変ってくるので、複数と単数を区別して、理解・翻訳・捉える必要があります。
 
これは、当たり前の英語の変化です。
そして、この英語の変化(数の個数[単数/複数])を
日本語にも反映させないとなりません。
 
 
プロの通訳者、翻訳者を目指す方、志す方でしたら、
もし、上記の様な訳仕方をしている様ですと
その志は、諦めて、他の道に進んだほうが良いですね
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
★私の実家は、よくネコを飼っていました:
 
ネコが1匹の場合、
ネコが数匹の場合、
ネコが5匹の場合、 
 
★各々の数で、英語では云い方が異なりますね。
 
We kept a cat before.
以前、ネコを1匹飼っていました。
 
We kept some cats before.
以前、ネコを何匹か飼っていました。
 
We kept five cats before.
以前、ネコが5匹いました・5匹飼っていました。
 
↑の例の様に、数字がハッキリしていたり、
数字的な意味の表現がある場合は、訳しやすいです。
ところが、数字は明言されていないものの、
名詞は複数形 と云う場合があります。
それが、冒頭の課題例ですね
 
 
1) My friends are nice guys.
×→私の友達はいい奴です
○⇒ 友達はいい奴が揃っています/自分の友達は良い奴ばかりですよ
 
2) I have cars at home.
×→家に車があります(⇒これだと何台(少なくとも【一台か、2台以上か】わかりませんね)
○⇒【家には、複数台、車があります/車は、何台か家にあります。】
 
3) Please ship us the samples.
×→サンプルを送付下さい
○【当該のサンプルを指定数分送付下さい】
 
the が付いていますので、関係者間では、
どの商品のサンプルかは、把握してわかっているのですね
ですから、「当該の」と云えば良いです。
また、the samples と複数ですから、指定数分とか
複数個数分のサンプルとなります
 
実際に、【サンプルを送付下さい】との情報を
英語で云う場合には、数字で○個と明確に云います。
Please ship the 12 samples of the product, PermaGlass, to us by Nov. 15,2010 by FedEx for our quality inspection.
                     数量              商品名パーマグラス  期日        方法   送付依頼理由
と云う感じですね
 
ご参考ください。
従いまして、冒頭の3文章を、
単に「車が」「サンプルを」と訳したり、意味を取っては成りません
複数と云うだけで、「複数のサンプル」「複数台」と云う意味になり
theが付いている場合は、【当該の/所定の】との限定を明確にします。
 
複数は日本語訳に反映させましょう!
必ずそうする必要があります。
 
【<兵法・英語二刀一流>末次通訳事務所 末次賢治】 
 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/14150