【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

○【英語語法】講義○

〇英語【仮定法】の基本講義=その1<4つの例文>

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2010/12/06 06:01:15
高校生他の皆様、次ぎ判りますか?

・I could meet Taro last night.→これは普通の過去形ですね

★I can meet Taro now. これは、現在実際に太郎君に会えるよ、の意
                 (現実的な事)

○【I could meet Taro now】→仮定法(非現実な事)

         ↑←今急用がなければ会えるのに。
◎【I could have met Taro yesterday】→仮定法、そんときそんな事が
 発生しなければ、会えとったとに

この○と◎は、仮定法です。

なぜかわかりますか?仮定法とは、
もし~という事が起きなければ---できたのに、という事ですね

○のセリフは、時間の矛盾が有りますね
couldは、過去形、しかし、同時に、now があります

片や過去形、片や現在形を使っているので、時間がねじれていますね

→ここに後悔や願望などの意味があります。

→「急用がなければ、今、会えたとに」(実際には会えないのですね)


【Ken's Office】

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/14689