【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

○【英語語法】講義○

★2/16 斬新文法講義 to と at の違い(at の 隠れた意味合い

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2011/2/16 20:57:05
Subject: ○2/16 斬新文法講義 to と at の違い(at の 隠れた意味合い)

斬新文法講義
 
皆様、お世話になります。
 
末次通訳事務所、末次で御座います。
 
私は、3月の下旬に、サウジアラビアに行く事に成ります。
通訳者として、飯塚市の企業社長様や幹部社員の方々に
同行します。1週間程度の日程でしょう。
 
私自身、それほど海外渡航経験がありませんので、
今回の出張にはとても不安に感じます。
 
ですが、私は「ぶきっちょ」なんで、他人よりも、場数を数多く踏んで、
積極的に色々な状況に馴れないと、向上が期待できません。
ですので、思い切って、この出張の期間は、死んでも良いという覚悟
頑張って参ります。実際に、その覚悟で、積極的に通訳業務を行います
=============================
 
さて、皆様、次の2つの文をみて、意味上に、相違を感じますか??
もし、正しく、相違を感じれば、良いですね。
 
・throw a ball to him の to
 
・throw a ball at him の at は、意味が違いますね
 
動詞の後の to は、<<到達場所・動作の受け取り手>> という事です : 【投げたボールが太郎君まで届く】のですね
 
動詞の後の at は、<標的です>、これには、【敵意の意味合い】があります
throw a ball at himは、発話状況にも多少は左右れますが、
to him と違って、<太郎君に対して、ボールを投げつける>のですね
 
★ at は、「点(地点、時点)」ですから、つまりは、ピンポイントの【標的】という事です
 
そこには、敵意の含みも有ります
ですから、at を特に使う動詞は、aim, shout, bite, fire, shoot, strikeなどです
 
What are you aiming at? これは、「あんた何が言いたいと??」ですね
相手が何か話をしているのですが、相手の主張点が見えずに、
相手の云いたい事を、訝しがって尋ねる場合のセリフですね
 
★ to と at の事例
 
○その1)
a) My father shouted at me at that time.
→その時、父ちゃんが、こらあ!と怒鳴ってきました
 
b) My father shouted to me at that time.
→その時、父ちゃんが、「おーい、忘れ物ぞー」とおらびました。
 
 
◎その2)
c) The pitcher threw a ball to the catcher.
→星投手は、伴捕手に、ボールを投球しました。
 
d) The pitcher threw a ball at the catcher.
→星投手は、ムカッとして、伴捕手に、ボールを投げつけました
 
◇その3)
e) The dog was friendly and came to me right away.
→田中さんちの犬は、人懐っこいので、俺の方にすぐに来た。
 
f) The dog came to me suddenly, trying to bite at me.
→田中さんちの犬が、突然、俺の方に来て、噛み付こうとした
 
 
 
皆様の英語理解の向上や学習に少しでもお役に立てれば
幸いです、
また次回に。おやすみなさい。
【<兵法・英語二刀一流>末次通訳事務所 末次賢治】
 
 

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/16658