【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

☆英語を使うコツ◇

○体がいうことを利かない、と言う場合の英語表現

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2008/9/29 07:33:43

○ "My fingers don't obey me. "-の表現

=========================
○以下講義です: 体がいうことを利かない、と言う場合の表現
=========================

作曲家、ガーシュインの伝記映画からです。
実に面白い映画ですが、その中で、次の様なせリフがあります。

"My fingers don't obey me. "

obey とは、人やモノが命令、指示、意志に従う、という意味合いです

上の、My fingers don't obey me. とは
<指がいうことをきかない>、つまり、
「指が動かない」、という意味合いですね

つまり、過労で、体がいう事を聞かない。
ピアニストであれば
「指が思う通りに動かない」、という意味合いです:

部下や社員が、言う事を聞かない、という場合も
例えば、
「私の課の田中君には困ったものだ。
 全然、言う事を聞かないのだから。」

Mr. Tanaka at my section is a real headache.
He doesn't obey me at all. という風に使いますね。

体が言う事を利かない、という場合にも
上のガーシュインのセリフの様に、obeyを使えば良いですね。

馬とか牛が言う事を聞かない、という場合も

Haru-Urara didn't obey the trainer at first.
But she came to obey him well later.
ハルウララは、最初、調教師の言う事を
聞かなかったが、後から、
よく言うことを聞く様になった、となります

ご参照ください。ご質問は何なりと。

ご質問は何なりとどうぞ。

末次通訳事務所 
英語通訳 末次賢治 拝
e-mail: fuku@eos.ocn.ne.jp


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/1875