【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

☆英語を使うコツ◇

○プレゼンテーション(日本語でも英語でも)、 自己PRの練習、 練習の前に

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2012/5/16 08:28:01

○プレゼンテーション(日本語でも英語でも)、 自己PRの練習、 練習の前に



Hi, there! I am catching a cold with my sore throat.
Whenever I develop a cold, I always have a sore throat.
(この云い方が、私の風邪は○○(喉)から。)の云い方です:

現在、数名の大学生などに、
就職面接試験の対応方法を指導しております。
英語でも日本語でもです。
その中で、これは大学生らに限ったことではありませんが、
大抵は、ですね、日本人というのは、足元をすくう質問には
サッと対応して 考えを述べられませんね。

例えば、宗教を例にとります。

★皆さん(=弊社の受講者)のなかには、
キリスト教を信奉されている方もいますし、

創価学会の方もいます、天理教の方もいますし、
禅宗の方もいます。

熱心に宗教に活動をおいている方も複数名いらっしゃいますが
例えば、金光教の受講者に、金光教を、キリスト教の方にキリスト教をと、
創価学会の方に、学会に付いてを、分りやすく、1-2分で説明して
欲しいといっても なかなかご本人は難しいようです。

★企業人の場合は、
例えば、ご自身の取扱商品や、取扱分野をサッと説明できるか、
勤め先の企業やお客様企業をサッと説明できるか、更には、
【貿易」とは何か?など

自分らが取組んでいる仕事内容や関係者・
企業の定義を出来ない人が 圧倒的に多いですね。

★自分が関わっている物事をサッと英語でも日本語でも
説明出来ないということは、
本人は、当該事項について、関わっていながらも、
実は良く分っていないのですね
そういう人は物事の取扱やその後の展開に於いて、失敗をします

★こうした足元を掬う質問にもサッと対応できる様に、
身の回りのことや自分が取組んでいることなどなどを
何でもかんでも、それぞれの内容に付いて云える様に
毎日取組みましょう。5分くらいの稽古で良いです。

皆様、私が何かサンプルをお見せしたいので、テーマを
リクエスト下さい。

柔道・サンボ・レスリング、将棋、ピン球野球、二刀流、宮本武蔵、
佐々木岸流、 霊巌堂などなど、何でも、
請われればサンプルをおみせする為に、英語でサッと説明します


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/23465