【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

◎当社(末次Ken)の 各種ボランティア(無料)活動関連!

第3木曜日のこども向けeマナビ塾での英語指導(高学年)の模様

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2012/6/21 19:27:34
本日は、第3木曜日です。こどもまなび塾の英語教室が
鯰田公民館でありました。

第一木曜日は、低学年を対象。

... 第3木曜日は、高学年を対象。

6月から開始の授業ですので、今日がみんなと初対面。
今の小学生は、昔の小学生とはあまり変わりがないとは思いますが
今のほうが、子供らしい無邪気さが感じられませず、
へんな自己主張をする奴が多いです
これは、家庭での親の教育が、昔ほど厳しくはないからと思います
また、昔は、大人と子供境界線がはっきりありましたが、
今はこの境界線がゆるいし、
生活のいろいろな面で、大人と子供を区別する線が
なくなっています。ですから、大人にも、敬語を使わずに、
タメ口で話す子供や、変な理屈を言う子供がいたので、
さらには、テーブルに肘をつく子供いたので、しかりました。

涙目になって、人をにらみつけていましたが、
睨み返して、厳しい顔を見せつつ、楽しく授業をしました。

もし、これで、その子の親からクレームが来たら、返り討ちにするつもりです

スポーツを何をしているか尋ねたら、空手をしている、という女の子もいましたが、
その割に、覇気のない子供でしたので、「空手をしよるんやったら、人一倍
元気を出して大きな声を出しなさい」、と指導しました。
「もし、それでも声を出すことができないというのであれば、
「さらには声を大きく出す必要性がわからんかったら、空手などをする資格はないし、
私の英語の教室は来なくてよい」、という旨を伝えました。

大きな声を、英語では出す、ということは、
いろいろなスポーツで、必要な動きをする体の練習と同じことです、と説明しました。

どう受け止められたかはわかりませんが、子供だからと言って
容赦なく指導をします。

今の子供は、親や大人の過保護に、ずるくそれを利用している感じがします
もっと大人は子供に対して、堂々と指導を行うべきです。
親のクレームなどを恐れてはなりません。あんたの子供の将来を思って
しどうをしよんやき。という姿勢で行きたいものですし、今後そうある私です。

<兵法・英語通翻訳二刀一流>末次通訳事務所 代表・末次賢治拝

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/23921