【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

○格闘技【サンボ・柔道・レスリング】

◎KENの柔道授業その4:第3時限目=護身術としての寝技=二段巻き

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2013/1/24 07:21:47
◎柔道指導(体育の授業で)その3= 第3時限目
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・飯塚市立第2中学校の体育の授業にて、
 柔道指導を担当しております。
・対象は、2年生三クラス、各クラス4時限ずつ。
 この中学校では、体育を「男女一緒」に指導します
※なお、三クラスですが、各クラスに柔道部員が1名はいますし、
ほかにも、柔道経験者の女子がいます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第3時限の目的
~~~~~~~~
・受け身の練習:複数パタンで
 ※頭を打たない事
 ※畳をしっかりと叩く

・寝技で、抑え技の指導 & 相手(暴漢痴漢)に抑えられた場合の護身術(の技)を指導

============================

★まず、各クラスとも、生徒が柔道着を着て、
 正座して、<お互いに礼>から始めます。

★体操体形に広がって、準備体操とストレッチ

★その後、サーキットトレーニングを2つ:

1つは、二人一組になり、足を開いて片側が屈んで馬を作り、 
     パートナーが、その馬を飛び越して、相手の足の間をくぐる。
     3回ずつで交代。これは瞬発力と機敏性を高める動き

2つめは、サーキットトレーニング。


このサーキットトレーニングは、嘉穂東高校の柔道部時代に、春合宿中に、
師範の田中先生から指導を受けて、部員みな必ずしなければならなかったものです。

第二時限目に行ったサーキットトレーニングに、手叩き腕立て伏せと腹筋を
5回ずつ、加えました。
このトレーニングは、この寒い冬場、と体が温まるからです
①普通にジャンプ5回→②ハイジャンプで飛び上がった時に膝を折り曲げて膝下で
手を叩く5回→③立った姿勢から、腕立て伏せ(腕を立てて、そこから下の部分から足は畳に付ける・そしてすぐにまた立ち姿勢になる)という動きを5回⇒腕立て伏せ5回(腕立て伏せで、両腕を曲げた後に、元の体勢に戻りますが、そこで、パンと両手ジャンプして手をたたくを5回)⇒腹筋5回→→①に戻る、★これを2セット

※本当は5セットしたいのですが、時間がなくて2セットにしました

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★その後、受け身の練習

・まずは、仰向けになって、頭(首)をあげて、受け身(畳を両手で思い切って、
 叩く)練習。

・次に、蹲踞(そんきょ)の状態から、右足・左足(片足)を前に出して、前に出した足の
 方に、一人で半身で倒れて、受け身を取る練習、左右5回ずつ。

・二人一組になります。

・相手が四つん這いになり、
・もう片方が、相手の右側/左側に立ち、
・相手の遠い方の腕を、相手のお腹の下で、両手で持って、
 引っ張ります。
・相手はクルッと回転し、そして、受け身を取ります。

右左各々5回ずつで相手と実施。

※受け身を取る生徒は、くるっと回転して、受け身を取る際に、自分の両足が
 重ならない様にします。★両足が重なったら、足同志がぶつかってけがをします。
 そして、後頭部を打たない様に、畳をしっかりと叩きます
==================================

★次の指導内容は、寝技です

★まず、何も技を指導しないまま、二人一組になり、
 仰向けに寝ている相手の上に覆いかぶさって、抑え込んでみる練習。
 どのよう感じか、体感してもらいました。

★袈裟固めの入り方と、その基本的な形を、実演をして、説明しました。
 相手の頭部を下から利き手を入れて、相手の道着を掴んで、固定、
 相手の腕を、自分の別側の脇で抑えて固定(腕を制する)

★生徒は、二人一組で、袈裟固めの練習を互いに行い、
 時間を図って(20秒)、抑え込みの練習
 その後、組み合わせを変えて練習。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※さて、最後の10分間目から、寝技での護身術を紹介し、皆に練習してもらいました:

特に女子対象の護身術です。

今回(今学年度)、柔道授業は、4回しかありませんので、
色々と深く指導もできず、受け身が中心となりますので、私は担当者として最初から
護身術をも教えるつもりです。男女一緒に教えるので、特に女子の生徒諸君の何かの
参考になるのではと思っております。

※寝技護身術=二段巻き(二重巻き・二重絡み)
★暴漢が、あなたを上から抑え込む。
★ここで、下の者(抑え込まれた側)は、あきらめた振りなどをして、
 あるいは、抵抗をしながら、巧みに相手の片方の足を、自分の両足の間に
 挟み込む。
★その相手の片足を、自分の両足で、4の字にロックし、
 たとえば、自分の左足を、相手の片足の上から、自分の右足のひざ裏にあてがい、
 『4の字』に組みます。そして、自分の右足(折りたたんでいない方の足)を、
今自分が両足で挟んでいる相手の足の甲にあてがって、自分の両足をまっすぐ、
相手の足の甲の方向に、力を掛けて、押し延ばします。
すると、相手の足に、激痛が走り、相手は、力が抜けます。
そこで、下(あなた)の者は、
力を掛け入れてたまま、相手を突き放して、 逃げ去ります。

梶先生のyoutubeで この技の場面がありましたので、
貼り付けます

http://www.youtube.com/watch?v=iDrU0QLFn_A

~~~~~~~~~~~~~~~
私が男子生徒に実演して見せて、
そして、みな、この技を練習してもらいました。
あくまでも護身目的です。
 
痴漢に上から載られた場合でも、対処できる様にして、
自分の大切な体を守って欲しいと 思います。

===================

最後に、宿題を2つ出しました。
・チンピラから、頭を抱え込まれた場合。
・痴漢かに背後から、抱きつかれた場合。

叩いたり、蹴ったりせず、どの様に、
この状況を逃れるかを考えてくる様に宿題を 出しました。


ということで、
最後は、正座をして、黙想→互いに礼をし、
第3時限目を終了しました。

<兵法・英語二刀一流>末次通訳事務所 末次賢治拝

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/26024