【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

◎4.30 < 二刀流英語講義 >2013年 4/30 <like の捉え方①> 二刀流英語

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2013/4/30 12:49:30
◎4.30 < 二刀流英語講義 >2013年 4/30 <like の捉え方①> 二刀流英語



皆様、こんにちわ。末次通訳事務所・末次で御座います

【二刀流英語講義】の配信です:

何か皆様の、英語でのお役に立てる内容の配信であれば
幸いで御座います。今年も3の倍数の日に配信します:
(Pls allow me to send this type of English lecture
on days of three-multiples!)

配信が不要な方は、「不要」と返信下さい。
お手数ですが、宜しくお取り計らい下さいませ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私は、この数年の間、職業柄、思っておりますが、
英語の語順で、上手く日本語で意味が取れる筈なんですね。

英語の語順は一定・固定ですが、日本語の語順はあってない様なもので、
日本語の語順は柔軟です。
ちょうど次ぎの英語のセリフをご覧下さいませ

My parents like going out together.
Tonight they'll go to a restaurant.

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

like とありますから、

My parents like going out together.
⇒うちの両親は、一緒に外出するのが好きです、と訳したらダメだと思います。

Tonight they'll go to a restaurant.
⇒今夜も、2人は、どこかのレストランに行く予定です。
 ※ they は、彼ら ではないですね。they を咄嗟に2人と云えるのが大切な心得です


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


My parents like going out together.
⇒うちの両親は、一緒に外出するのが好きです と私たちは、どうしても訳してしまいますよね。

学校や塾でもそう教えますし、参考書などにもそう記載がありますからね

ところが、ですね、弊社の考えは違います


動詞の LIKE の訳語は、「〜が好き」だけではないのですね

LIKE は、「〜が好きだ」、という事ですが、  もっと考えを深くしますと別の訳が出てきます

↑の例文:  My parents like going out together.
        ⇒うちの両親は、一緒に外出するのが好きです とは、日本語では普段はしない言い方と思っています。


My parents  like   going out together.
↑うちの両親は、  ↑よく  ↑ 一緒に外出します  
 

like は、好きだという事ですから、【対象となる動作をしょっちゅうしている】 のですね

ですから、よく〜している、しょっちゅう〜している、と云う訳がより良いのではないかと思っています


『私の父ちゃんはですね、よく天ぷらそばを食すのですよ』 これを私が英語で云いますと
 My father likes tempura soba. となります


普段からよく/しょっちゅう それをしている と云う場合は、
その動作が当然好きなんですね。
ですから、like の訳し方は、上の例文のように動作を云う場合は、

『よく・しょっちゅう、その事をしている』 という事になります。


こうした発想や考え方は、当社の兵法・英語二刀一流 です

私は、従来の英語教育内容を疑って掛かっています。

ご参照下さいませ。ご質問は何なりとどうぞ!

=========================


<ご案内>無料です:希望者には配信を始めますので、お知らせ下さい

※私は、これまで15年間、英語通翻訳をやってきましたが
  もうそろそろ辞めてしまおうかを思う事があります。

  私が英語への訳を 担当する日本人の日本語セリフや文章が、
  へんてこりんなものが多くて、 疲れてしまいました:

  ですので、最後のご奉仕に、私の特技であるhaveの使い方を
  お見せていき、遺言としたいと思います


<変幻自在・英語発信力強化の為の HAVEの使い方>
無料配信開始のご案内


※ 目的:>英語発信力を高めましょう!

>haveを使いこなせれば、大抵の物事は
 必ず、サッと、平易に英語で云える様になります。

>そのための、HAVEの使い方講義を、希望者には
 日々配信し、英語発信力向上のお手伝いを致します。

※特長:その1>皆様も良くご存知の動詞: HAVE ですが、
          あっと驚くほど、色々な使い方ができ、どんな場面でも
          HAVEを使うことで、
          伝えたい事を平易に発信できる様になります
      
     その2> 当面の間(開始〜 2 or 3 ヶ月間)は、
           無料・無償で配信します。ご安心下さい。

      その3> HAVEの使い方は無限にありますので、
           かなり長期間にわたり、HAVEの使い方を
           受信者に授けます


      その4>受講者はどなたでもOKです
※ 配信内容:動詞:HAVE の使い方を、1つずつ、
毎日講義配信します

※サンプル:次ぎの通り:

末次通訳事務所による、HAVEの使い方講義その1

HAVEを使いこなせば、大抵の事項は、サッと言える様になります
これは、本当のことです。今日からHAVEの使い方を
お見せして参ります:

★<have + an OK>=1
「太郎君、お母さんは「良いよ」っていってたね?
Taro, do you have an OK from your mother? ですね

an OKは、 「許可・承認・承諾・承知・了承」などの意味です
have + an OK で、色々な事が英語で言えますよ (続く)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※配信開始日: 2011年12月16日 から 
無期限(10年かそれくらいは配信します)

※ 配信受講希望者は、次の、弊社電子メールアドレスに

  【HAVE の講義配信希望】と明記の上、電子メールを送付下さい。

※ 当社電子メール: fuku@eos.ocn.ne.jp


末次通訳事務所とは・・・
・弊社は<日本語⇔英語>の通訳/翻訳業務を営んでおります。
・創業1998年で、私単身でお仕事を展開しております
・貿易分野/スポーツ分野での業務が十八番です
・無料での【翻訳サービス】もしております。
・日本の皆様、どうぞ、引き立って宜しくお見知りおき下さいませ:


【兵法の心で、貴社の海外業務をお手伝い!!】

<兵法・英語二刀一流>末次通訳事務所
代表: 末次 賢治 拝
Phone/Fax:0948-28-4035
fuku@eos.ocn.ne.jp

★facebook:
http://www.facebook.com/profile.php?id=100002925527002#!/profile.php?id=1185281517

★ブログをご覧下さい。面白と思います:
http://fukuoka.shoplog.jp/niten/
http://plaza.rakuten.co.jp/niten/

★戦略ある英語/語法掲示板
皆様、是非ご覧下さいませ:斬新な内容です
http://9021.teacup.com/strategicwayofenglish/bbs




















  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/27016