【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

★ ◎HAVEの講義1)11/01 末次通訳事務所

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2014/11/01 09:22:25


        Subject: ◎HAVEの講義1)) 11/01 末次通訳事務所
>
>
>Hi, everyone. Nice to see you.
>
>
>haveの講義その1
> 英語通訳の末次賢治です。「通じる」英語の講座を始めます。

>巷間では英語教育は、幼少からの方が良いとされます。が、私はそうは思いません。
>むしろ社会人であればあるほど、英語の習得が早いと思います。なぜなら社会人の方が
>様々な経験を積んでおり、ものを広く知っているからです。これはコミュニケーションに必要な事です。

>英語は難しいと考えがちですが、英語は意外と簡単です。中学校で習う英語(動詞)を駆使すれば
>通じます。問題はそれを学校で教えない事ですが。 洋画のセリフでも7~8割は、中学校の
>英語授業で学習する「単語」や「表現」です。実はそれほど簡単なのです。

>さて、中学で習う動詞のHAVEという動詞を使いこなせれば、たいがいの事は英語で云えます。
>HAVEは「~を持っている」という意味ですが、色々な使い方ができます。
>まったくの英語初心者でも、[have+カタカナ語]で、英語が話せるようになります。

>以下の表現パタンは如何思いますか?
>例えば、【上司からの了解は得ております】は、【I have an OK from
my boss.】で良いです。
>「了解、承認、了承、同意、賛成など」は全てOKです。haveを使って、「OKを持っている」という
>表現形式で、充分に良いです

>「今日、重要な会議があります」→【I have a big meeting
today.】ですね
>※「会議」は、「ミーティング」、 「重要な」は「big」で良いです。

>※このようにビッグなどの外来語は英語に便利な言葉です。
>「haveと外来語」の組み合わせで、楽に英語で意見/説明が云えるようになります

>宿題:【今日、我が家で新築祝いをします】を、英語ではどう表現するでしょうか?
>辞書を使わずとも、機転を利かせれば、上記のセリフは簡単に云えます。
>日本人(社会人)が英語を使う場合は、【機転を利かせる】が必要です。
> =====================================
>
>
>英語道場 第2回 ハブ(have)の威力(2)
>
>
>Hi, readers. This is Ken. How goes it ?
>英語運用のコツは、【have +外来語】です。前回の宿題:『今日、家で新築祝いをします』は、
>皆さん、如何でしたか?"I have a party at my new house
today." と言います。
>「私の新しい家でパーティをする」という意ですが、つまり、<新築祝い>、という事です。
>
>
>勿論、色々な言い方表現が出来ます。
>が、辞書を当てにせずとも『新築祝い』を言えるのです。
>しかも、上の英語は、自然な英語表現です。
>更には、「パーティ」、「マイ」、「ニュー」、「ハウス」、「トウデイ」は、
>外来語として、既に日本語になっていますね。
>
>
>「英語は、そんなに難しくない」という私見の証明になるでしょう。
>但し、言いたい内容を【have +カタカナ語】のパターンに当てはめる際には、
><<機転を利かせる>>事が必要です。
>これは、慣れれば自然と身に付きます。
>
>
>例:『弊社からは、富士山が良く見えます』という場合は、
>
>
>
>
>【私達の会社は、富士山の良い眺めを持っている】と考えて、【have +外来語】の
>形に置き換えます。 "Our company has a good view of Mt. Fuji." となります。
>眺めは、view(ビュー)で良いですね。この英語も、既に日本語になっていますね。
>
>
>
> また、『弊社には、5種類のコンピューターサービスがあります』という場合も、
>「5種類のコンピューターサービスを持っている」と考えて、have を使って言います。
>
>
>"We have 5 types of computer service."
>
>
>因みに、『~がある』と言う場合は、there is/are ~ の言い方でなくて、
>have を使いましょう。この方が外国人には、通じます。
>
>
>例:『弊社のコンピューターシステムによりまして、10種類のサービスをご利用頂けます』これは、
>
>
>
>販売資料等で見られる宣伝文言ですね。これも、【have +カタカナ語】の活用で、楽に言えます。
>これを今回の課題と致します。読者の皆様、お時間のある時に、英語で如何に言うのか?を
>考えてみられて下さい。 See you next time.
>                                 末次通訳事務所
>                              英語通訳:末 次 賢 治 拝
>                              e-mail: fuku@eos.ocn.ne.jp
>
>
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/31249