【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

◎June 22[Monday] 斬新文法講義その1 may の意味合い +斬新文法講義のご案内

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2015/6/23 08:12:05
                Subject: ◎June 22[Monday] 斬新文法講義その1 may の意味合い
           
★皆様、お世話になります

【斬新文法講義】を、配信再開します
=今後は、毎週月曜日、そして、5の倍数の日に配信します


>
>
>
>英語の助動詞: may の本当の意味合い
>
>※助動詞とは、あくまでも【発言者の意見】を示すものです 
>>>「事実な事」を云う道具ではないですね
>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>
>これは、以前、ある高校生(受講者の嘉穂高生(女子))に配信したものです。
>
>件名: 06/22講義その1:→【may】 の本来の意味
>
>
>
>アメリカ人からの電子メールに次のmessage一文があります
>
>You may call, write or email me at any time. というメッセージですが、
>
>
>
>may というのは、元々、
>
>
>「~しても良い」 →「~してもそれは許される 」の意味です
>
>
>
>それから転じて、「~かもしれない」、という意が生まれます。
>You may call-とは、電話してもいいですよ 。
>
>皆さんは高校生でお年頃ですね。彼女や彼氏がいても良い年頃です
>
>ですから、例えば、あの
>「女子高生の娘は、彼氏が居ても良い年頃だし、だから彼氏がいるかもしれない 」の推測内容の英語セリフが
>She may have a steady boyfriend now. ですね
>
>年頃の娘さんに彼氏がいるのは、年頃ですし、ごく普通の現象ですね
>ですから、彼氏がいても「それは良い」 のですね、
>「それは別に許される 」のです。
>
>「そうなっても許される」、という前提で、
><彼氏がいるかもしれない>、⇒<別に彼氏が居ても良い> 、という事です
>
>He may be upset(/angry) now.⇒「 いま太郎君はムッとしているかもしれない」
>
>
>
>この発話状況としては、太郎君が何か立腹する原因があるのですね。
>例えば、レストランで注文しても、なかなか注文品が来ない、とか
>息子が悪い点を取った、などの状況の中で、may を使うのですね。
>
>
>
>本人がむっとするのは、こちら側としても理解できるし、
>本人がムッとしても、こちら側としては、その事は理解できますし、
>納得できる、という前提で物事を言っております
>そこに使うのがmayの意味合いです。
>
>
>皆さん、上記の説明は、お分かりですか?ご意見をください。
>分かるかどうか、教えて下さい。
>http://fukuoka.shoplog.jp/niten/
>
>
>【兵法の心で、貴社の海外業務をお手伝い!!】
><兵法・英語二刀一流>末次通訳事務所 代表: 末次 賢治 拝
>Phone/Fax:0948-28-4035 電子メール⇒:fuku@eos.ocn.ne.jp
>LINEのID→niten 14 // Skypecode :kensuetsugu
><東京/大阪/福岡/飯塚商工会議所会員>
>★戦略ある英語/語法掲示板:←楽しくご覧下さい!
>http://9021.teacup.com/strategicwayofenglish/bbs
>
>
>=========================================
>
>
>創業18年目を記念して、改めて、斬新文法講義配信を
>
>ご案内します 。⇒これは、無料です。
>
>
>
>
>受信希望者は、お知らせ下さいませ
>
>
>
>⇒英語文法・語法に関する、
>
>斬新な、なお且つ、本筋を突く解説講義です:
>
>
>ご希望者は、「斬新文法講義・配信希望」と明記して
>弊社に電子メールにて送付下さい:
>
>( fuku@eos.o cn.ne.jp まで)
>
><<経緯>>
>
>
>
>
>
>◎ 多くの学校や、多くの塾で指導し、
>
> 学習する英語文法、更には、巷間・従来の
> 英語文法手引書には、大きな欠陥があります:
> 
>
>1) 英語例文の「設定」や「訳」が極めて不自然。
>
>
>2) 英語を解釈・理解する場合、英語の語順に沿ったものではない。<
>
>
>3) 文法で使われる用語(例:「現在完了形」)が曖昧で、判り難い。
>                                     
>                 等々、枚挙に暇なしです。
>
>→日本人の多くが、英語がよく理解できていないのは、
>  私たちが学校や塾、その他の教育機関にて
>
> 指導/学習する、従来の英語への捉え方・
> 理解の仕方・させ方が間違っている為です。
>
>→常識とされている点、良い手とされてきた手を疑い、検証する事で
>  新しい理解法が判り、物事の真相により近づくものです。<
>
>→弊所、末次通訳事務所は、英語通翻訳業務を17年に亙り、
>
> 専門家として行いました。
> 様々な英語文書をこれまで読み、翻訳/通訳し、
>
> また、様々な言葉遣いでの情報を
> 英語や日本語に通翻訳して参りました。
> その結果、学校やその他の教育機関で
>
> 教授されている英語の理解手法や語法説明が、
>
> あまり宜しいものではない事が判りました。
>
>→そこで、英語をより正しく、且つ、判り易く理解できるために、
> 英語語法の講義を新規に、配信します。
>→全くのボランティア事業として、弊社ではこれを実施しますから、
> 掛け値なしに無料で配信致します。
>
>→皆様もお気兼ねなく、この配信をご利用下さいませ。
>
><配信開始日>⇒2010年9月17日~(無期限)すでに実施中
><配信頻度> ⇒ 5日に一度の頻度(5の倍数の日に配信します)
>
>   →5の倍数日→ 1日、5日、10/ 15 / 20 / 25 /30
>
>
>
>
>
><対象者>:不問
><申し込・問合先>: 下記の電子メールアドレスに
>     [◎斬新語法講義配信希望」の旨を送付下さい。
>            
>   【<兵法・英語二刀一流>末次通訳事務所 末次賢治】
>    820-0001 福岡県 飯塚市 鯰田2425-63-#202
>*電話・ファクス:0948-28-4035
>*電子メール: fuku@eos.ocn.ne.jp
>
>
>== ========== = <<見本講義>>↓↓↓ ======
>
>⇒⇒【I'm excited.】 と 
>
>   【I’m exciting.】 は意味が違います。
>
> (→*よく意味を取り違えている人がいますが)
>
>○心が動く動詞、つまり、
>
>
>【日本語の⇒ 吃驚する、感動する、うろたえる、まごつく、
>
>どぎまぎする、悔しいと思う、 恥ずかしい思いをする、
>
>情けなく思う、嬉しく思う等 など)は、
>
>英語では、全部 こうした意味の動詞は他動詞です。
>
>他動詞とは 「主語の人物や状況が」
>
>【人/他人をある状態にさせる・仕向ける】です
>
>exciteは、「主語の人物や状況が」
>
> 【他人をワクワクドキドキ・興奮させる】と いう意味。
>
>
>
>
>もっと言えば、<この度は、神様のご配慮で、
>
>太郎君達をワクワクさせる、憤らせるなどの意味合い>です
>
>これは、覚えておいて下さい。
>
>
>
>
>従来の文法指導はこんな説明をしていないのですが、
>他動詞は、「他人を~させる」、
>
>「他人を巻き込む意味」の動詞が他動詞ですね
>
>
>
>
>
>他動詞は、他人を前提にした意味合いです。全部そうですね。
>
>ぜひ、この機会に覚えて下さい。お願いします
>
>
>
>
>
>決して、excite他、他動詞の初形は、
>
>【自分がそういう状態に成る】ではありません。
>
>自分がドキドキわくわくしている、ドキドキしている、という場合は
>→I am excited. ですね。
>
>I am exciting は、<
>
>⇒私は皆さん(他人)を興奮させる・ドキドキさせる、との
>
>意味ですから「みんなを悩殺するわよ!」ってな感じです。
>
>
>
>
>
>「レディー・ガガ」さんや、「マドンナ」さん や 
>
>壇蜜や、その他、グラビアアイドルらが言う様なせリフですね。
>
>心が動く動詞は全部他動詞です。
>他動詞は、他人を~(ある状態に)させる、ですね
>
>*他動詞のing は、人を~させる。ですね
>
>
>
>
>
>*どうも英語が苦手な人はココがわかっていないので、
>これを機会に覚えましょう。自分で例文を作りましょう。
>
>皆さんの好きな俳優さんなどは誰ですか?
>
>1)「マリリンモンロー is very exciting.」は、<
>
>「モンローはたまらんばい!・(俺を)そそる」ですね
>
>2)モンローを観た人が言う場合は、
> (X)I am/was exciting ではなくて、I am/was excited.ですね
>
>【 This グラビアアイドル is very exciting.】  ですね
>
>それを見た青年は
>
>【He is very exicited.】⇒「硬直・ビンビン」という事ですね
>
>
>               ★思わず、腰をかがめてしまう、
>
>
>この様に説明したら判り易いので、この例、ご容赦ください。
>でも、はっきり言いまして、思春期や男性は、
>
>だいたいこんな事を考えがちですね。
>
>だから、あえて俗な例を出すほうが分かり良いです。
>
>
>英語の文法の説明は、俗な事例を使うほうが良くわかります。
>
>
>
>
>ちなみに、 他動詞 、とは、
>
>
>
>
>例えば、野球部の監督が、
>
>自分は、涼しい木陰にいるのに、
>
>部員らには、「お前ら、グランド10周してこい!」と
>
>部員らを走らせて、動かすのですね
>
>
>
>
>自動詞とは、「よし、俺も走る」という事で
>
>監督自ら率先して、走るのですね
>
>
>
>
>ご参照ください。ご質問は何なりとどうぞ。
>
>
>~~~~~~~~~~~~~~配信希望者はお知らせ下さいませ
>
>
>
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/32298