【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

キャンペーン

○講義と 中学生高校生向け英語教室のご案内

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2009/3/19 14:22:43

○中学生、高校生向けの英語教室のご案内

====================

 

英語通訳者は、学習進学塾や学校英語教員よりも

遥かに高い英語理解力と指導力を有しています。

塾で習う生徒さんは気の毒に感じます。

 

2009年度限定!での、中学高校生向けの英語教室ほかのご案内です:

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

☆受験生や英語が苦手な方、英会話希望者にお教えします。

楽しく、やりがいのある授業を展開します。

 

◎月謝:5,000円(つまり毎回千円の授業です)

それ以外は不要!マンツーマン授業です

11,000/6-90分程度 ●1回のみの単発授業でもOK!

◎日程は別途打合わせ。電子メールでも講座を配信します(無料):

お問合せ:0948-28-4035  fuku@eos.ocn.ne.jp

末次通訳事務所 英語通訳 末次賢治 迄

 

=======================

英検1級~2級程度で満足するな!!

―――――――――――――――――

プロの英語通訳者がしっかり英語の力を養成します:

 

塾や大手英会話学校の生徒さんは、色々な点で気の毒です。

     コース:1) 英語翻訳・通訳者育成コース(プロ志望者向け)

      2)英会話練習コース

      3) 発音・聞取り練習コース

          4) 中学生、高校生向け英語理解コース

     (学校や塾の説明とは全く違う方式での、

      今までにない、分りやすい文法の解説)

 

     月謝:いずれも毎回千円のみ。

    

※マンツーマンの授業です

 

●1回のみの単発授業でもOK!教材費など不要!!

●日程は別途打合わせ。通信講座も出来ます。(一部無料):

●希望者には、無料で一ヶ月授業をします(受け逃げOKです)

 

お問合せ:0948-28-4035 

        fuku@eos.ocn.ne.jp   

 

お問合せをされる場合は、ぜひとも、受講希望者本人から

  お電話ください。

 親御さんからのお電話での受講希望でなくて、

 この手の問い合わせや申込は、本人がするべきですね。

 

【<兵法・英語二刀一流>末次通訳事務所 末次賢治】

===================================

 

講義:

 

英語では、仲々さっと言い難い表現、
つまり、<何時から何時まであいているの?>という
言い方をご紹介します:



「このお店は、何時から何時まで開いちょうと??」と聞く場合、


 

[from what time to what time ~?」と言ってしまいがちですが、


もっと簡 単で便利な表現があります。

 

★ [What hours]です。


 

「おたくは何時から何時まで開いていますか?」は


 

★"What hours are you open?"でOK。


この質問で、"We are open from 9am to  5pm.」
 (午前9時から午後5時まで開いています)などと答えてもらえます。



他の例:


◎「明日は、何時から何時まで社長はいらっしゃいますか?」
"What hours will your boss be at office tomorrow?"



◎「<あいたうん>は何時から何時まで使えますか?」
 "What hours is i-town open?"



◎「書き留めは、何時から何時まで送れますか? 
  それから、ランチタイムも開いていますか?」
"What hours are you open for registered mail?
 And are you open during the lunch hour?" となります



 ご参照にされて下さい。ご質問は何なりと。
Presented by Ken Suetsugu (fuku@eos.ocn.ne.jp)

 

 

 


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/3564