【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

【トムとジェリー】英語講座

○トムとジェリー聞き取り課題#3弾【天国と地獄】から

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2009/3/19 19:12:24

Subject:「末次通訳事務所・通信講座の配信課題」
 
○トムとジェリー聞き取り課題#3弾【天国と地獄】から

皆様、こんにちわ。
 
末次通訳事務所、末次で御座います。
 
皆様に送付したトムとジェリーのDVDからの聞き取り課題です:
(尚トライアル受講者の皆様にもこの配信を送付します
 弊社の通信講座の様子を知っていただく為です)
 
○先ず、前回の解答です:
 
【原題:Jerry's Cousin 『邦題:ごきげんないとこ』より)
 
その1
 
第2幕 さて、ジェリーの従兄弟が、トムとジェリーの家ににやってきて
 従兄弟のマッスルが、ジェリーをいじめているトムに、胸倉を掴んで
 脅しをかけますね
 
Listen, pussycat・・・
この次のセリフを聞取ってみて下さい。というものでした。
 
【Don't let me catch you picking on my little cousin while I'm around.】 ですね
 
ご確認ください、
 
catch 人 doingとは、人が(悪い事を)しているのを、偶然見つけて、目にしてしまう、という事です
 
pick on 人 は、人をいじめる という事ですから
 
もう二度と、俺のかわいい従兄弟をいじめる(のを見せ付ける)なよ という事ですね
 
英語で、相手に、二度と~するな!と言う場合には
don't let me catch you 動詞ing と言うパタンを使います。
 
最後の箇所の while I'm aroundは、
【俺がソバにいる場合は】、と言う事ですね
 
==============================
その2
 
次に、この物語の終わりの頃のシーンで、
いよいよ腕っ節の強い従兄弟が帰る際の、ジェリーへのセリフですが
 
Remember! All you have to do is whistle. Well so long, cousin. ですね
 
英語では、cousinなら cousinと相手の名前や呼称を必ず会話に入れますね
これが英語の敬語ですね
 
all you have to do is 動詞の原形 というのは
~さえしとけば良いからな、 という意味合いですね
 
ジェリーと従兄弟はそっくりですので、
従兄弟がそうした様に、「これからは、ヒュイっと口笛で、トムを従えれば宜しい」、と言う事ですね
 
====================================
○さて、次のお話です。ディスク2の 第7のストーリーをご覧下さい。
 
HEAVENLY PUSS 】(「天国と地獄」)というお話ですね
 
1)ご覧になると判りますが、トムがジェリーを追っているときに
あやまってタンスの下敷きになり、天へ召されます。
 
2)天では、[天国行きの列車]に乗れるかどうかの審査がありますね
 
トムが様子を見ています。
合計4つの場面で、4組のネコ
(最初は、1)ブッチ、次に2)フランキー、次に3)アロイシャス、そして4)3匹の子猫ら)
そして、最後にトムがそこを通るところを、審査官に呼び止められますね。
 
 
しばらくこのシーンを題材に使います。
 
先ず、審査官が、ネコたちを審査する場面ですが
============================
1)最初は、ブッチですね。この審査官のセリフを全部聞取って下さい。(ヒント付)
 
【Name: Butch】全部で2語
 
【Cause (                          )】全部で3語
 
【Lost (                 )  】全部で4語 
 
【Pass (                             ) 】全部で2語
 
 
何度も聴いて下さい。難しいものでは有りませんね
 
*聞こえてきた単語がスペルが不明の場合は、
 カナで記入ください。また色々と知恵を使って調べてみて下さい スペルを
 
これがすみますと、次のネコの場面での審査官のセリフとなります
 
期限3月23日まで
 
 
【<兵法・英語二刀一流>末次通訳事務所 末次賢治】
 
ご覧の皆様も弊社の通信講座を受けてみませんか?
1ヵ月無料展開します。受け逃げ大いに結構です。
 
【<兵法・英語二刀一流>末次通訳事務所 末次賢治】
 
 


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/3565