【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

貿易英語講義Feb.13: お客様向け講義【日々徹底して「コレポン」を!】の巻き

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2018/2/13 19:03:42
>>末次通訳事務所がお届けする、
貿易英語講義Feb.13: お客様向け講義【日々徹底して「コレポン」を!】の巻き

皆さま、日々ありがとうございます。英語の末次通訳事務所でございます。下記、読み物です、御覧下さいませ
 
海外企業とのビジネスや貿易取引の成否を決めるモノ
⇒⇒⇒それは皆さんの毎日の「コレポン(相手との通信業務)」です。
 
貿易取引、特に、建値がFOBの場合での事例紹介)
 
FOBでの輸入の場合:
輸入者にとり輸出国現地での船/保険の手配が自国からは難しい為、
輸出者にこの手配を依頼する必要があります。これはインコタームズのFOB 条件の例外事項なので、
「売買契約書」にこの旨を記載するか「事前の合意」が必要。
輸入手続きが始まる前に輸出側に依頼を出して船や保険の手配を依頼します:
Could you kindly arrange the necessary
booking and marine insurance there on behalf of us?:
こう書きます。[on
behalf of us]は「当社の代行で」の意。FOB輸入ではこの旨の通信が必要。
[there]は「現地で」の意。
 
FOB輸出の場合:
If you are OK, we are going to arrange the
necessary booking and marine insurance here for your convenience. と伝えます。
「貴社が良ければ、貴社の便宜を図ってこちらで船腹予約や海上保険の手配をしておきます」。
上記は輸出入の手続き上のコレポンです。
 
皆様はコレポンをどうお考えでしょうか?海外企業とのコレポンが綿密であるほど良い貿易取引が
展開できます。色々な条件や段階がある貿易取引です-引合い・提示・L/C手配・船積み、
出航/出荷・受け取り・支払い・クレーム申し立て・取引の定着・商材の営業展開の状況に至るまで、
あらゆる段階でお互いに報告や意見を交わし、意思の疎通を図る事が貿易取引を成功に導きます。
些細な事でも良いですから相手側と密にコレポンをする事が望ましいです。
現在は電子メールの普及もあり、コレポンも気軽に出来やすくなりましたね。
ぜひコレポンを頻繁に実施する様にしましょう!
コレポンでスムースに英語書けない方は、当社にご依頼下さいませ。
 
 ある日本企業の実例:ある東九州の企業ですが、米国製電気製品の輸入代理店をしています。
最新の優れた技術を駆使した製品です。同社は米国メーカーに対して、貨物の受け取りから支払いの
手配、更には製品の販売状況を始め営業展開の書面報告などを実施してきませんでした。
つまり、商業に必要な仕入れ側との意思疎通に欠けていました。
「この会社はわが社の製品に積極的でない」と米国企業が思ってしまい、別の日本企業に接触し、
当該製品の並行輸入を認めました。これは電気製品のため、日本での販売に際しては日本の法律や
規格に適合する諸手続きを踏む必要があります。が並行輸入品にはこうした適合が欠けている面があり、
正規輸入品の信頼性までが懸念される結果となって、当該の企業は現在とても苦慮しております。

これは、コレポン欠如が招いた事態と言えます。
もし同社が日々色々な事項を先方に伝えて意思疎通を図れば、回避できた問題です。
※西洋の人は、英会話の場合、日本人の「沈黙」をとても嫌がります。
この事がコレポンのあり方・貿易取引の成否にも反映していると思います。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/36087