【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

第14週、英語学習や英語表現翻訳通訳に付いての理論講義

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2018/4/07 20:03:42
<<言葉の学習に付いて他>>の私見のご紹介です

その1 >英語の理解力を高めるには・・・

英語の理解力を高めるには、色々な雑学や物語とか、
幅広く物事を知っていることがとっても重要です:
例えば、中学高校生の場合、英語の試験で、色々な文章や物語が出題されますが、
その内容が、何か自分が知っている内容ですと、
仮に意味を知らない初めて出くわす単語が複数あっても、
内容自体が知っている内容ですから、推測などが正確になり、
意味が7-8割は分かります。


ですから、英語の学習では、英語ばかりをするのでなくて、
日本語でよいですから、日々新聞を読んだリ、雑誌を読んだリ、
ニュース番組を見たり、色々な機会を利用して、資料館に言ったり、
見物したり、見学したり、と好奇心を広げることが大切です、
この事は、軽視されがちですが、英語の力を付ける為の1つの重要な事です、
これを知らない、分かっていない人が多いですね、  残念です。


私見ですが、中学高校生や小学生を子供に持つ、若いお母さんたちは、
この事を全く分かっていません。
こうしたお母さんたちのお子さんは、
お子さんは真面目で、 正しい方向に英語へのやる気があっても、
お母ちゃんたちの誤った方向の考えのほうに、お子さん方はどうしても影響されてしまいますね


英語は言葉ですから、 日本語ででも言葉に積極的に接し、
言葉による情報に触れることが必要であります。
そして、ついでに、言葉を大切にして、 丁寧に言葉を使うことも大切です:


例えば、お宅に来客がありまして、
 「隆、先生がおみえよ」は、良いのですが、
 「隆、先生がきたばい」とか、玄関先で子供に言う親御さんの子供は、国語の力が低いです
 国語の力が低い とは、外国語は習得できません と同じ事ですね、
上記は私見ですが、間違ってはいないでしょうね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
末次通訳事務所・末次賢治拝

=================================
その2>

弊社の「英語翻訳技術」は、<兵法・英語二刀一流>と号します。
これは、【通翻訳に於ける弊社の技術流儀】で、
私儀、末次賢治が創案しているものです。
ここでは、【<末次英語二刀流>のごく一端】を、お目にかけたいと存じます。

1)「弊社にて当該サンプルを製造し送付いたしましたので、
  この件について、貴社のご助言を頂けましたら幸いで
   す。」
We made the samples and shipped them to you
for your advice. と言う風に、
単に「your advice」と訳する貿易会社社員や翻訳者や通訳者が多いかと思います。
ですが、弊所の流儀では、
We made the samples and shipped them to you
for your professional advice. という風にします。
「貴社のご助言を」とあるからには、
相手の会社は、その製品については専門家であります。
ですので、単に、for your advice とするよりも
for your professional advice とするほうが、
ビジネスもより具体的に展開できる事に結実しますし、
より具体的な姿勢である事を先方にも伝える事が出来ます。
また、相手にも敬意を払った言い方で、相互により良い関係をもたらすコツです。
この様な、ほんのちょっとした言い回しをして、
話を具体化・明確化させる事が
末次二刀流であります。
それは、日本語を、表面的な文字に囚われずに、
日本語で言いたい内容を、英語の論理に乗せて訳を行うからです。

2)「「カレチン」というのも多分靴メーカーでの
呼び名なので *ポリウレタンと同一なのかどうかは分からないそうです」
They told us that Karetine was the term used among
shoe makers(/manufactures).
*They don't know if Karetine is the same material as polyurethane.
この事例も、一般的には、上の様になります。

ですが、「末次二刀流」では
*They don't know if Karetine is exactly
 the same material as polyurethane.となります。

★exactly を補って、完全に同一かどうか、と意味内容を明確化、強調化します。
     
3)「今回のテストでは洗濯機でよく使われている洗剤を3種類 使いました」
「よく使われる」→ commonの発想で、

In this washing test, we used three kinds of detergent
which are commonly used. とか

In this washing test, we used three
major kinds of detergent which are commonly used. という風にします。
================================================

上記が当社の通翻訳技術の流儀であります

<二刀流>とは、日→英の際には、日本語の内容を
英語の論法・論理に乗せて言う・
英→日の場合には、英語の意味を、日本語で判り易い様に言う。
これが私の流儀です。
また、ビジネス英語では、物事は明確にスパッと言うほうが
宜しいですから、平易で頻度の高い単語(特に動詞)を
使って、相手に納得性を持たせる言い方をします。
私の流儀は、上がベースになります。
ご参照ください。ご質問は何なりとどうぞ。
【<兵法・英語二刀一流>末次通訳事務所 末次賢治】


---------------

その4>実際の手法開示

◎クイズタイムショックの問題の通訳練習から:

英語の苦手な皆様も得意な皆様も以下の問題を
英語で言ってみましょう!

1)『「とうげんきょう」:漢字で書くと出てくる果物は?』

こういうのは、いわゆる、
<英語ですぐに言えそうで言えない>類だと
思います。そう感じない方もいらっしゃいましょうが。

この様な形式では、以下の言い方がつかえます。

If you write the word, とうげんきょう in kanji,
what fruit(in kanji) will you find in it?

尚、上の私訳はあくまでも言い方の1つです。
が、平易に、サッといえる方法と思っております。
if you do--の形を使えば、出だしから最後までが
言いやすくなります。

2)『ジューンブライド、何月に結婚する事?』

これも同様です。

If you're a June bride, what month
do you marry(/are you supposed to marry)? ですね

わずか2つの事例ですが、サッと言えそうで
いえない場合に、if you are--の形式が使えます。
これは英語で物事の説明をする時に便利ですね

以上の手法は、直線の日本語を、円を描くように
丸く英語で表現する方法です。
円の動きは、武道の基本ですね。
そこからヒントをえました。

例えば、日本語の「根性」を英語で紹介する場合など

”根性” is equal to guts in English.
If you successfully quit smoking only with your
own guts, your friends think you have a good level of
"根性". という風に説明したら良いですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、無償添削問題です:

タイムショックから:
『500円札:最後の肖像画になったのは誰?』

サッと英語でいえますか?

=============

その5>

★英語が話せたらいいなあと、思う人は多いですね。
「末次さんは英語が話せるから良かね」と言われます。
更に、「私とか、学校で習ったけどわからんやった」という
人がいます。それはともかく、私はいつも思うのですが、
「英語は、1人でも練習出来るし、1人でも
工夫して練習のできる人が、英語が上達する人」なのです。

仮に、どんなに良い先生について英語を習っても
授業時間以外での生徒ご自身の努力が無ければ、
英語は伸びませんね。

如何に1人で英語を勉強するか?例をお見せしましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★以前、私は、自分の授業で次の文章を取り上げました。
 下の文は、中学校1年生の教科書からです。
I have a lot of Japanese friends.
China and Japan have many things in common.
For example, we both use kanji.

★これを通訳の立場から展開させてみます。

We both use kanji.という言い方 を応用させます。
bothとは、(両方とも)と言う事ですね。

We both play the piano.
(僕らは、2人とも、ピアノを弾けます)

We both work at the same company.
(2人とも同じ会社で務めております)

★この言い方から、「相思相愛」と言う言い方が
 言えますでしょうか?お考えて下さい。

→「あのカップル(They)は、相思相愛です」

★この言い方から
「あのカップル(They)は、相思相愛です」が言えます。

They both love each other. ですね
(二人とも、各々を愛している)と言う事ですから、
相思相愛、と言う事になりますね。

★さて、「相思相愛」の言い方が判りました。
 普通は(学校などでは)此処で理解が終わりますが、
 英語の勉強の際には、常に、逆の意味の言い方を
 学習した表現から考えましょう。
 こうした考え方を身に付ければ、独学でも
 英語の力がかならず伸びます。

★「相思相愛」の逆は、「犬猿の仲」ですね。
 上の英語を応用して言えます。

 They both dislike each other. ですね。
(又は、they both don’t like each other.)

dislikeは、「嫌い。好かん」と言う事です。
(両方とも、お互いを嫌っている)、と言う事は
「犬猿の仲」と言う意味ですね。

つまり、辞書を引かなくても
機転を利かせれば、「犬猿の仲」や
「相思相愛」と言う言い方が出来るのです。
しかも、中学校1年生の英語教科の
学習内容から言えるのです。
この事は、皆様に判って頂きたい事です。
学習した表現を色々と応用させていくことで、
英語の意味が広がります。

英語の練習や勉強は、1人で出来るのです。
高いお金を払って教材を買ったり、
学校に行く必須性は、ないと存じます。

さらに、上の言い方から、
「互いに励まし合う」「尊敬しあう」
と言う言い方も出来ますね。

ご質問は、何なりと。

末次通訳事務所
代表 末次賢治 拝


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆筑豊地区のお母さん方へ◆

あなたは「愚かな母親になっていませんか?」ご覧下さい:


※下記の内容に不満があったり不承知の親御さんは、
 遠慮なく当社までお知らせ下さい。
 あいにく、その場合には、授業はお断りを致します

◆社会人(企業人)に、長年英語研修で英語を教えてきて、
 今どきの子供さんの親御さん方に申し上げる事◆

〇毎週水曜日は、博多区の企業にて英語研修をしております:

☆同社が今後、国際展開するのに併せて
その為の取り組みの一環として、英語研修として
授業をしております。
☆皆様、ご熱心で、私もとても楽しく英語の授業と
練習をしております。同社に於いて。ありがとうございます


◆私は、1998年の創業以来、大抵は、大人の方に英語の
授業をしております。子供さんには教えない事もありませんが
その数は少なく、大人の人が対象です。
大人の人たちに教えるほうが、やりやすいです。
理 解力もありますし。

◆社会人になってまだ年数が浅い人たちに
ビジネス英語の研修として英語を指導している際に、

【あれ、中学校の時は、どんな英語教育を受け、
どんな英語理解をしてきたんやろか?】と思うときが多々あり、


では、現在の中学生ら・高校生らに教えてみて、中学生や高校生らを
通して、学校での英語授業の様子などを見ようとしました。
私がこの数年、複数名の中学生や高校生に英語を指導した理由は
上記の通りです。

◆ですが、やはり大人の方、つまり、社会人に指導する方が良いです。

◆例えば、中学生に指導する場合。窓口は、その子のお母さんですが、
お母さんや お父さんが愚かな場合があり、こちらが苦労します

◆最近は、ほんとうに、「愚かな親御さん」が多いです
子供は素晴らしい可能性を持っているのに、
お母さんが、その可能性を、「過剰な母性愛」や、
「適切な社交性(社会対応性)の低さ」で、我が子の才を
つぶしています。こうした母ちゃんらが多いです

◆そして、お母さんらの中には、英語に多少知識を持っていると
自任しているお母さんらもいますが、
そんな知識は、大した知識でなく、むしろ間違ったものです。
私は英語のプロですから、その判断が出来ます。
最近は、愚かな母ちゃんら多いので、中学生/高校生とかには
教えるのは、私は、 嫌になる時があります。
まともな母ちゃんは、本当に少ないですね。

◆そして、学校や学習塾の英語の先生方には
しっかりと英語の基本を生徒らや受講者らに指導をして欲しいです
全然違う、間違った知識を教えている英語の先生方が
最近は目立ちます。

◎愚かな母ちゃんとは:


1) 「たかし~!先生がきたよ~」という親御さん
家庭教師の先生がおうちにお伺いして
 「先生が来たあ!」とか子供らに云う親御さん。
 子供の前では少なくとも、「みえた」っていわな。
 そうした言葉遣いを示して、子供に敬語の使い方を教えな!
 「先生が、きたあ!」の家庭のお子さん方は、国語(言葉)理解の
 能力が低いです。

 それは、私が 実感しております。
 「先生がお見えになった」「先生がお越しになった」等の丁重な
 言葉遣いのおうちのお子さんは、国語理解力そして英語の力が
 高いです; これは間違いないと経験から思います。

 そして、子供の英語のノートページの裏面を使い
 張り紙をするようなお母さん。仮に使い古しの不要な
 ノートでも、子供さんが学習で書いた英語文が掛かれている紙の
 裏側を張り紙で使っちゃいけないです、風で飛んで行ったりしたら
 自分の子供さんの英語の力がご近所にばれます。
 恥をかかせる事になりますね。我が子に。
 こうした配慮のなきお母さんの下では、子供は進んで
 学習をしないです。教科に関係なく:

2) 世話好きなお母さん

勉強部屋に案内されて、子供でなくて、
お母さんが、教科書を出したり、文具を出したり、と
何でも世話を焼くお母さん←こうした母ちゃんは、
気持ち悪いです。過保護です。
お母さんは自己満足でしょうが、こうした母ちゃんからは
創意工夫が出来る逞しいお子さんは育まれません。
「お母さま、そんな準備などは自分でさせなさい」と
必ず、指摘します。

3)  授業料のお金を裸で渡す親御さん。
私の授業料は、千円です。千円札一枚でも「裸」で渡さずに
きちっと包まな!
お金を大事に扱わない母ちゃんは、周囲の運気を下げるタイプの女性と
見做されます。

4)  学習塾へ!と焦る母ちゃん

私は英語のプロとして、お子さんに接し、
英語が苦手で嫌いなお子さんに、楽しく授業をしようと
笑顔満面で、色々と工夫をして英語の授業をしています。
英語嫌いという、お子さんの心理負担を減らす為です。
こうした段階なのに、塾に行きますからと、せっかくの
授業をやめてしまう母ちゃん。お子さんが、また英語嫌いに
なりますよ! 馬鹿な母ちゃんと思います。こうした母ちゃんは。

5) 学習の仕方が分かっていないお母さん
自分の子供さんが学校の成績が悪い、とか、仲々勉強しない、って嘆く、
お母さんがいます。それはですね、お母さんやお父さんが、
勉強や学習、それに生活姿勢が良くないから、子供さんが勉強出来ないのです。
お母さん・お父さんが英語なら英語の学習方法を知らないからですね
だから、我が子へといえども、助言のしようがありません。
以前、中学2年生のお母さんで、この子供さんの英語の成績が悪いので、
どうしたらよいでしょう?と尋ねられましたので、私が、学習方法を
アドバイスして、日々、その方法をするように提案しました。
お母さまも、その折に、私の市民講座・英語クラスの受講者になりまして、
英語の学習をしていましたが、英語学習で大切な考え方や、語法などを
すっかり、間違った誤解をしており、そして、上記の毎日の英語学習稽古も
毎日していけば、力が上がるのですが、結局は、親子ともども中途半端となり、
結局は突然おやめになり、
お子さんへの私からの指導も急に停止しました。
物事を、単純明確にとらえて、理解できないお母さまの子供さんは
英語や国語の理解力アップは無理ですね
 
 
こうした愚かな母ちゃんが多いし、実際にそうした方を
目にすると、子供に教えるのは、やめようかなあ、と思います。
社会人や大人の人への指導の方がより良いです。

末次通訳事 務所・末次賢治拝

追記その1> 6.22がっかりした事!

この春から、中学生二人(3年生)に英語を教え始めました。
土曜日に、何ですが、部活をしているので、試合などの関係で:

毎週という訳ではなくて、隔週とかで休み休みでの授業実施でした。
ですから、4月頃から開始して。5-6回くらいしかまだ授業が
出来ておりません。この中では、英語の単語が正しく書けるように
基本の基本を、末次流で指導をしておりました。

このお二人は、お母さん同士が姉妹で、いとこ同士です:
2人とも英語の基本が全然できていませんので、
英語の基本を身に付ける授業をこれまで展開中で、

そして、もうすぐ夏休みですから、英語がまだまだですので
【夏休み限定で週2回おしえましょうか?】という案内を昨日しましたところ、
夏休みから塾通いするので、私の英語教室は辞めますと
お返事が参りました。SMSで。

辞めるのは、かまいませんが、電話で口頭で
仰るべきですね。こういうのは。

「また何かありましたら連絡します」ともありましたが
こうした母ちゃんのおうちには、私は対応しません。

いとこ同士という事もあり、2人で千円/70~80分の授業でした。
良心的な価格でしょ?皆様。

最後の授業位を時間を作ってさせてもらったらよかったのですが、
この母ちゃんらには残念です!

子供の学力や学習力は、お母さんとお父さん次第です。
そう思っています。

その2><<最近の、私よりも若い世代の「お母さん方」に苦言>>

2016年になりまして、夕方や夜に複数人の
小学校生に英語の指導をしております:

家庭教師スタイルです。

私が小学生に教える事は、今年からしておりますが、

むやみに誰でも教えるのではなくて、希望者で

真面目で熱心なお子さん方にのみ教えています

授業料は、千円/回(1時間)です、半ばボランティアでの

英語教室との位置づけです、対小学生は。


◆そして、希望があれば、中学生や高校生にも

英語(正しい英語/塾や学校で習う事は、

かなり間違いの内容がありますので、正しい英語)を
きちっと指導し、練習を共にしています
※正しい英語とは、「発声」/「発音」/「英語文法や語法」
「英語会話」「英語の理解方法」「英語ライティング」に於いての
正しい/通じる英語です。

その小学生や中学生・高校生らのお母さん方と合わないなあ、

特に、世代が、【私よりも若いお母さん方】とはですね

何が合わないかと云えば、私の場合は、
英語の学習取り組み方に付いてです:

私が夜間に小学生に指導をしている。
離れてはいるが、同じ部屋で、お母さんはテレビを見ている、
仲間とお話をしている:

お話をするのは良いです。大人同士用事あろうし。

ですが、私にとりましては、邪魔になって仕方がない。
お話をするくらいなら、お子さんと一緒に参加して
英語の正しい理解と練習を、一緒にした方が
前向きでよいです。


お母さん方の中には、私の経験からですが、
多少英語に自信を持っている方もいますが、
それは「生兵法は大けがの元」です

ちょっとした知識で、英語の学習に付いては、
お子さん方を間違った方に走らせる事例は多々あります:

そこに、規模の大小を問わず、塾や英会話学校での
「英語を教える知識が生半可な先生」が絡むと、よりオオゴトです

更に、英語の場合で、小学生指導の折に、
英語学習ドリルをすぐ使ってどうのこうの、
というお母さま方も多いでしょう。→大きな間違いです、

英語と日本語の違いを徹底して、日本語で教えて
その違いをよく理解をして貰ったうえで、
英語に取り組んだ方が良いのです。

最近のお母さん方は、「愚かなお母さん方が多い」なあ、と感じます:
特に英語の学習に付いて。

私は英語のプロ通訳者やから、
上記の意見は、自信を以て、間違いない内容と
断言できます。

最近のお母さんは、英語の学習に付いては
安易に考えており、【言葉の学習とは何をどうするべきか?理解が足りない方】が
多いですね
私の授業は、千円で、一時間の授業ですが、疲れてしまう事もあります。
お子さんは、熱心なので、良いのですが、そのお母さん連中が
愚かな方の場合ですと、私は疲れますね。

お子さん方は、「明るく良い子たち」なんだけれども
お母さん方が、どうかなあ!??という場合がよく見られます。

※なお、特定の方をあげて申しているのではなくて、
 一般的な論です。おそらくは、日本全国的に
 お母さんたちがちょっと安直で、愚かになっている感じが
 どうしてしますのですね、

日本の将来が懸念されます。国際的な展開という意味合いで。

末次通訳事務所・末次賢治拝
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/36262