【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

◎May 14 翻訳講習:訳し方の講義具体例 と近況

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2018/4/21 19:20:41
通信講座ほかの皆さま、

お元氣様です、いつもお世話になります

英語の末次でございます
近況などです

痛風が中々に回復せず、
しんどい日々です。


さて、私は、22年前の1996年に、
都会から飯塚市に戻りました。
福岡県警の試験を受験するためでした。
で、最終面接で落ちまして、
仕方ないので、英語の力と商社勤務の経験をを使って、
英語の通訳翻訳のお仕事を

自営で始め、同時に、英語の教室を始めました。
西日本新聞に広告を出しまして、
問合せを頂いた方に会って、
そして、授業をしたりとしておりました。


英語教室の開始は、21年前です。
或る中学生のお子さんで、
通訳になりたいと思っているという
女の子が田川に居まして、
毎週土曜日に、田川の後藤寺に、
私の住む鯰田から、
指導にバイクで通っていました。
そして、
その子が中学を卒業する前の三学期で、終わりました。

そのお子さんには、それ以来全くお会いできずにいて、
時折、facebookやLINEでご活躍の様子を
拝見しておりましたが、
海外にてよく頑張っていらっしゃって
うれしく存じます
尤も私は、数年ちょこっと英語を指導しただけですので
私が何か特別に影響を与えたわけではありませんが、
以前英語の授業を共にした方が、大人になって、頑張っていらっしゃるのは、
嬉しい限りです。ありがとうございます。

ここで、思いますのは、私が今まで指導をしました方々で、
海外で今頑張っているのは、田川の方ばかりですね。
不思議と田川のご出身の方ばかりが、海外で或いは
英語を使うお仕事で頑張っていらっしゃいます。
飯塚の方では皆無ですね、
不思議なものです。ご縁に感謝です、ありがとうございます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

通信講座講義 4.21>

翻訳テクニック解説
 
通訳や翻訳をする場合、
日本語でも英語でも、一つの文を、2つ(以上)の短い文に
分解すれば良いです。又、その逆もあります。
2つの文を一つに短縮することもあります。
和訳、英訳、いずれにおいても、
1つの文を複数に分ける事は、通訳を楽に行うコツです。
訳がゴチャゴチャして、自分でもわかりづらい場合は、
文を情報ごとに区切る事が必要です。
 
『この本を読んだけどな、おもしろかったで』
-I found this book interesting.
 
This coffee is too hot to drink.
-(このお茶熱いわ。よう飲まれへん。)
 
英語から和訳する場合、直訳を膨らませて、
分かりやすく説く作業も必要です。
Overindulgence will result in putting on the pounds.
直訳-自己への甘やかし。 


意訳-好きなものを好きなだけ食べたり、飲んだり、運動も
   しなかったりしたら、かなり太るバイ。
 
Today, do the things with your kids. 
You have to satisfy their physical needs.
                      直訳-肉体的欲求。

意訳-子供たちは、遊びたくて(走回りたくて)うずうずしているから。       
      皆様、この様な、言葉イメージの入れ替えが出来れば、
     ご飯が食べていかれます。
今のところ、この様な技を使える通訳は、
ごく少数でした。海外政治家の同時通訳者等を
含めて、殆ど多くの通訳者は、
イメージ入れ替えの技が出来ていない。
瞬間に出来る者は少ない。
しかし、これが出来れば、トップクラスの通訳、
今までになかった、通訳者となり得るでしょう。

母国語、日本語に強い人なら、この技は出来ます。
 
----------------------------------------------------

● 論理的思考にて日本語を英語に訳する練習:
以下の問題と私訳を付けております。
    
◎例問題 技術文書:
「熱機関とは」
熱エネルギーを機械的仕事に変えて動力を発生する装置を熱機関という。--a
熱は一般に燃料の燃焼によって得られるが、核反応によって熱を
得る原子力にも利用されている。-b
熱機関では、熱が直接仕事になるのではなく、動作流体を介して仕事に変える。-c

(*最初に定義する事)(ばらけた情報をまとめる事)
★私訳 :What is Thermomotor?
Thermomotor is a device that converts(turnsでもOK) heat energy into mechanical drive.  
In this process, heat isn’t converted directly into mechanical drive, 
but through working fluid.
There are two methods of heat generation; by fuel-burning method and nuclear reaction method.

★コツ1:
英語の論理では、
1)先ず、結論を先に言う事です。是が何よりです。
結論=directing idea を先に出します。
  ですので、Thermomotor is a deviceという書き出しにします。
この様な書き出し法は、
物事を説明する場合に常套手段としてよく使いますので、
覚えておかれて下さい。

 例えば、
「日本レスリング協会は、レスリングの普及を図り、選手の技量を
 向上させ、スポーツを通じた社会貢献をする認定の組織である。」などと
言う情報を英語に訳する場合、上の文章の通りに訳さずに、最初に、    
Japan Wrestling Federation is a certified organization which---とします。
この手法を皆様に把握して頂き、実地で活用して頂きたいです。

★コツ2:上の日本語を今一度、よくご覧下さい:
a,b,c,と情報がありますが、a,c は、熱機関に関係のある情報。
bは、さほど関連のない情報で、一般論です。お分かりですか?つまり、
上の日本語の文章は、関係の薄い情報が間に挟まっています。
よく日本語にはありがちな書式です。

これをこのとおりに英語にしてはなりません。
英語の論理では、関連のある話題をまとめます。
ですので私訳をご覧下さいますとお分かりですが、情報を組み直してしております。
こうしたことが、論理的思考による日英翻訳の技術です。
「論理的思考による日本語の組替え、そして、 その組替えたものを英語にします。
この様な変換が出来ないと、お仕事としては通翻訳業は、行うのが厳しいと思います。
逆にいえば、これを体得したらよいです。2年は掛りますが。
―――――――――――――――――――――――――――――
以下の訳もご参照下さい。そして、よく検証されて下さい。

◎例問題 技術文書:<内燃機関とは>
「ディーゼル機関やガソリン機関のように、シリンダー内で燃料を燃やし、
 その燃焼ガスの熱エネルギーを直接利用するもので、燃焼ガス自身が動作流体である。」


★私訳:Internal Combustion Engine
Internal Combustion Engine is a system which contains its own combustion device like a diesel engine and gasoline engine.  Fuel is burned in its cylinder(s) to generate combustion gas.  Then generated heat energy is used as its drive.  
In this system, a combustion gas is working fluid.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎例問題:契約書の一部分です:

2) <開発営業部直接販売の場合>
「 開発営業部の日本国内、海外の営業活動において生じた顧客との売買取引については、 その製品の生産、出荷指示を XXX社へ行う。」
---------------
これは、ある条項の一部ですが、日本語の文章では、良くありがちです。
つまり、いきなり「凝縮した内容が、ポーンと突然来る時があります。」
これは、企業の文書やセリフに多いのですが、いきなり、凝縮した情報から始ります。

このとき、いきなり凝縮した情報をそのままに英語にしても、
とても判り難いものになります。
ですので、行為の順番、時系列に沿って、情報を分解します:

★私訳 In case that Sales Development Division makes direct sales;
・ If the division acquires its customers) in Japan and/or overseas 
countries through its sales promotional activities
and the division sells its products to the customer(s),
the division shall send XXXX Company a proper instructio
to manufacture and ship the products  to the customers.

⇒つまり、「開発営業部の日本国内、海外の営業活動において生じた顧客との売買取引については、」 
という部分を、<開発営業部が、その営業活動で 国内外で顧客を得て、
そして、製品を販売する場合に>、という風に噛み砕いて訳します。
 
◎ 例問題「今年2月に(司法)試験を受け、3回目で合格した」
日本人の(日本語の)スピーチによくみられる事ですが、
時間の経過が曖昧な場合があります。
この様な場合、つまり、<2月に試験を受けた>というのは、
それ以前から試験を受けており、
実は3回目の試験であった。という事です。ですので、以下の様になります。

⇒I took the exam. It was my third trial. Then, I passed the test at last.
 ★<This was my third trial>と一言入れれば上手く行きます。
 
 
社員の社内作文から:(箇条書き手法)
「工場の目標達成や私達の業務責任を果たす為には、
各機器故障の早期発見と早期復帰の
能力を高め工場の故障率を低減させ長期運転をする事が大事である。
In order to achieve the plant’s goal and fulfill our work accountability, 
it is important for us to perform the following two items:
1. To improve our skills in early detection for any breakdowns of each equipment and its early recovery.
2. To reduce the failure rate of equipment in the plant for prolonged operation.
 
 
その為には、故障時の対処法のマニュアルを読んだり、
職場の上司・同僚が仕事の話を討議している時には、
積極的に討議に参加し経験者の実体験を良く聞き、自己の技能を
高める事が大切である。」
 
For this purpose, we should actively carry out the following things:.
1. To carefully read manuals about how to deal with equipment failure.
2. To aggressively participate in the discussion with superiors and colleagues when they talk about their own operation experiences so that we can learn about operations through their actual experience.
3. To improve our own skill through the information exchange with other workers.
 
 ご参考下さいませ:末次通訳事務所・末次賢治拝
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/36323