【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

6/3 商品名:特に新規の商品への名前付けに付いて

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2018/6/03 10:47:56
ククレ.jpg ボンカレー.jpg proactive.jpg


6/3 商品名:特に新規の商品への名前付けに付いて


何でもかんでも、英語でそのヨミを使うってのはどうやろかねえ?

以前、テレビをつけっぱなしで、眠りに落ちた。
目が覚めて、しまった・・テレビを消さなと思い
ウトウトしていると、

テレビの深夜通販番組・・・

「これであなたのラテラルサイもスッキリ!」と
耳に入ってきた!

たまがったちょっとくさ!「ラテラルサイちて」
lateral thigh=横太腿(横側のふともも)。

わざわざ、英語で云わんでもよかろうもん!と目が覚めました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

商品の、特に新規商品の名前付けに付いて

日本の商品 更には 地域で開発した商品は
日本語で名付けた方が良いと思います。

例えば、日本酒であれば、

もし筑豊地区の企業などで、新規に日本酒とか
焼酎を開発し、名前を付ける際には、
俺がもし担当者であれば・・
「双ぼたやま!」
「大八車!」とか
「大黒炭!」
「現場王!」
「発破王!」とや「ヤマ!」とか付けると思います。

英語で或いは他の西洋の言葉で名付ける事はありません。

Proactive は、米国の商品ですから、致し方ないですね
(事前に対策を打つ、という感じの意味合い)

「ボン・カレー」は Bon(おフランス語)で
美味しいカレー(ボンジュールのボン(英語のgoodに相当)ですね

ククレカレーは「cookless カレー」ですね
インスタントなので、調理をしなくて良いカレー

日本の商品は、日本語で名前を付けた方が良いですね
そして、副題で、英語や西洋名称を添えるとなお良いですね。
日本語での名づけを中心にしたらよいとばってんがくさ。

末次通訳事務所・末次拝
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/36469