【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

Oct.16講義 英語文の「副詞」の意図を的確に読み取りましょう!

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2018/10/16 10:52:38










英文の「副詞」を的確に読み取ろう!


















海外企業との貿易では、お互いに英語で通信します。そこで重要になるのは、あなたの「英語の理解力」です。







正しく英語を読み取る力がないと、海外企業の意図が掴めず、精確な対応できなくなり、



海外ビジネスで失敗しがちです。
あなたの英語理解力はどの程度でしょう?



















実例1:海外企業に、貴社が自社製品の売込をし、ある日、次の様な回答が届きました。どのような意味でしょう










We are sorry that we cannot sell your offered product
economically
, even though your product is very innovative.





















先方の意図をサッと正しく掴むには、英語の「
副詞
」を的確に読み取る必要があります。




















「残念ですが、当社では貴社ご提示の商材を
お客様にお手頃な価格で
は販売出来かねます。







貴社商材はとても画期的なものではありますけれども」


の意。
















上の英文の


economically


が副詞で、動詞句の


[cannot sell]


の様子を詳しく説明する役割です。









この場合、


[


お客様にお手頃なお値段で


]


の意で、これが先方の本音。









つまり、「貴社の提示価格が高すぎて、販売すら出来ない」の見解です。








海外とのビジネス通信では、英語の「副詞」は無視できない存在です。発言


/


発信者は「副詞」に、







自分の感情や本音を込めるからです。副詞をきちっと読み取る事が、相手の心境を把握する事に繋がり、







良い海外お取引に結実します。

















実例


2


:貴社が納品した商材への苦情英文:










We are sorry to have to inform you that Sports Bags (our Order No.SB-2) that were delivered is









not up to the samples we received on July 15. On comparing the sample bags, we were unpleasantly









surprised to discover that the bags are not the same high quality.




















下線



unpleasantly



が副詞。



surprised



の程度を

表します。『


7/15


受領のサンプル品とは、商材の品質が違う事にびっくりし、



【不快に感じ】ている』のです。貴社姿勢に、先方は不快であると読み取れます。







ゆえに誠意を尽くし丁重に対応する必要があります。


副詞




unpleasantly



を軽視して理解すると、







謝罪に誠実さが反映されない場合があり、却って貴社の損失が増します。







英文の「副詞」にどうぞご留意下さい。

















※逆に、副詞をポンと使う事で、相手の本音などの「重要情報を引き出せ」たり、







効果的な発言をすることが出来ます。











例)「当社のこの新規製品は、軽量コンパクトがその特長です」







  ⇒⇒



Our new product is amazingly light in weightand compact in size.





amazingly


が副詞です、
























amazingly


のほかに、


innovatively(


従来になく


)/ wonderfully


(素晴らしく)


,





unrivalledly(


他社よりも


)


等も
使えます。






   



ご質問は何なりとどうぞ:














末次通訳事務所・末次賢治拝





  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/36909