【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

年末復習講義其の2 ご覧下さい。dog day/ devil's advocate 末次通訳事務所

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2018/12/31 19:30:11
fidelity.jpg
『ふくおか経済』2018年12月号 英語道場 第202回 原稿:
タイトル: 【戌年:「犬関連の英語表現と土用の丑の日」】
 
Seasonal
Greetings!!
The new year of
2018 is the Year of Dog in Japanese zodiac.
※「Japanese zodiac」は「干支」:2018年は「戌(犬)年」です
 
英語で犬/dogを使う表現は、どちらかと云うと「良くない意味合い」が多いですが、
干支になっているのは犬は「番犬」であり、同時に「多産」ですから「子宝の象徴」であります。
・番犬は、watchdogですね、watchdogは、犬のみではなく、「監視人」との意味で広く使います。
・【This organization
acts as a watchdog over the government’s expenditures.】(=この組織は、政府の歳出の 
  監督役となっています)
「犬は多産の象徴」➡【Dog
is the symbol of fertility.】或いは【Dog is the symbol of being fertile/
prolific.】
 fertilityは名詞で「人間や動物/土壌が多産/肥沃性」/
 fertileは形容詞で、prolificは「植物等の実りが多い」の意で形容詞です。
どちらもよく使う単語です。fertilizer と云えば「肥料」ですね。
 
更に「犬」は忠誠のある動物としても知られますね。
【A dog is a man’s best friend. It is the symbol of fidelity.】
※忠誠・忠義は fidelity と云います。筆者は時折駐輪場で、Fidelityというブランドの自転車名を
見かけます。
★ 写真ご参考ください:これは、本来元々の機種がありまして、
その機種を、忠実に再現して作りました、という事です

This car is a reprica of high fidelity.とか言えると思います
精巧な(本物に忠実な)レプリカです

さて、他の動物もそうですが、dogは動詞でも使えます。
意味は「尾行する、とか、追いかけまわす。転じて、「不幸等が付きまとう」との事ですね。※英語は基本的に何でも動詞になります。
例えば、【Sumo Association
is always dogged with problems.】(=相撲協会はいつも複数の問題が付きまとう)
【Our security
system dogs any suspicious person in the room.】(=この監視装置は不審者の動きを追います)
※セキュリティ装置の説明で使えると思います。
 
【dog days】とは?意味お分かり? 盛夏の日つまり「土用の丑の日」を指します。
これは動物の犬でなくて、星座の「おおいぬ座」に関係があり、お
おいぬ座の星(シリウス)の動き(出没)が太陽の出没と一致するのが丁度、
夏の一番暑い時期になります。それに由来し、dog daysはいわゆる「土用の丑の日」です。
半年先の話ですが、あっという間に半年経つでしょうね?その時に思い出して下さいね:
Thanks for
reading. 質問は、fuku@eos.ocn.ne.jp にどうぞ! Presented by Ken Suetsugu
------------------------------------------------------------------------------------------------

【悪魔・蒟蒻・反証】
 
Hi there!!
Readers!! I hope you all fine. Please enjoy this new column.
①「2月3日」は「節分」/:

「立春」の前日ですね。立夏・立冬等「4つ季節変更点の前日が「季節を分ける日」=節分です。
節分では「豆撒き」で邪気を払います。

豆は「魔滅(まめ)」になりますので、「豆を撒いて邪気を払う」のです。

【Feb. 3rd  is called Setsubun. February’s Setsubun is
the last day of winter.
People scatter soy beans in their houses to drive
devils from their house and welcome good luck in before spring.】

この説明をご参考に。【Soy bean is called “mame”. “Mame” means “wipe
out all the devils.】”

※こうした風習も手短に海外のビジネス人らに説明できるようになりましょう。

【wipe out】=「対象者を全滅させる」

意:例)This pest controlling system is designed
towipe out all types of vermin.
「この害虫駆除装置は、あらゆる種類の害虫駆除をするようになっています」
 
②さて、【鬼=devil/
demon】と2つ英語が有り。:①【devil】は「悪魔(サタンSatan)」の意。

ヘブライ語の「サタン」のギリシャ語訳が「ディアポロス」で、これに由来します。
Devil/Satanは「神God」の敵対という事で「邪悪魔」ですね。
②【demon】はdevilほど宗教的に忌み嫌う強い意味は薄く、
「鬼ごっこ」等の「鬼(愛嬌がある)」という感じに近いかと考えます。
 
③【devil’s tongue】て食べ物をご存知ですか?
整腸作用があり低カロリーなので、この食べ物が海外で人気になったらなあ、
と凄く思います。devil’s tongue は「コンニャク」の事です。

蒟蒻の花が、見た目が鬼の舌に見えるから(写真ご参考)です:英語名称を変えるべきと存じます。
 
③【Devil’s Advocate】との表現ご存知?【Please get me wrong. I am just playing a
devil’s advocate.】
「話合いや協議」で「物事の本質を見極めようとする為に」

敢えて相手側に対して、(或いは本心とは)反対の意見を出す人を指します。
それは【物事の本質を見極めようとする為に行い】ます。

日本人の場合は、それを理解できない方が多く
、議論として、故意にDevil’s Advocateの立場なのに、猛烈に喰ってかかる人がいますね。

Thanks for reading. 質問は、fuku@eos.ocn.ne.jp まで Presented by Ken Suetsugu
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/37123