【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

○二天流ビジネス英語講義ほか

その1>貿易英語一口メモ:「見積」と「納期」の英語表現

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2019/1/09 13:02:51

貿易英語一口メモ: 「見積」と「納期」の英語表現

                       末次通訳事務所 代表末次賢治

第1回  見積と納期の表現

 

円高が続き、震災の影響もあり、

原材料や商材の輸入を検討・開始する企業が多いですね。

初めて貿易取引を行う場合には、英語の類似表現に起因する失敗が多いようです。

(1)「価格見積」
[Price Estimate]や[Price Quotation]です。

Our price quotation is~と表現すると、

提示した価格はもはや変更できません。
これで失敗することが多いです。

Our price estimate is~とすると、
これは「概算で大体の価格」ですから、最終価格を再度提示可能です。

Price Quotationは最終の決定価格です。

仕入先に価格を尋ねる場合、
Could you quote the price of 商品名 for 1000 units?
(当該商品1000個の決定価格をお見積り下さい)と打診しましょう!

この方が相手方とコントロールできます。

逆に皆様方が、価格を提示する場合は、estimateを使い、
[Our price estimate is @US$50.00.]とすると、何らかの条件や事情による価格変更の含みを残せて、条件の交渉を遂行できます。

もちろん、これはいろいろな状況次第ですが。

(2)「納期」表現


これも要注意。一部の辞書では「納期」を[lead-time]と記していますが
 lead-timeは「納期」ではなく、「商品受注日から製造完了迄の期間」です。

[Please advise us the lead-time of our order?]と表現しても、
直ちに納期に言及していません。

貿易業務で「納期」を尋ねる際は、建値別に表現します。

a)Ex-Works /C&I/FOBの場合:

Exactly when are you going to ship our order?

b)CIFの場合:

Exactly when will our order arrive at Hakata Port?
と表現しましょう!

a)では、輸送の手配は輸入者側の担当ですから、

「いつ出荷するか?」を明確に尋ね、

b)では、輸送も輸出側の担当なので、

「いつ陸揚港に到着するか?」を尋ねると良いです。

a)、b)のいずれもexactlyを使います。

「正確な時期」を尋ねることで相手方を業務義務に縛っています。

英語をうまく使って、相手側を巧みにコントロールするのが

貿易英語です。

貿易英語の目的は、

「海外のお客様とより良いお取引を実施すること」です。

そのためには、相手側をうまくコントロールすることが大切です。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/37150