【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

こだわり

◎宮本武蔵師の真筆の掛け軸

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2019/2/12 15:19:17
 

この書は、宮本武蔵師の真筆です。

>>しかも驚くべきことに、上の「南無」は右手で
  下の「天満大自在天神」は、左手で書いたとされます。

...

きっと二刀操刀の練習を兼ねていたと思います。

名古屋市南区の笠寺の塔頭「東光院」に保管されております。

1990年5月4日に、このお寺を訪ねまして、
観させていただきました。
ご住職は、木村さんという方で、ある本でこの事を知り、
お手紙を出して、そして、お返事をもらい、京都から
名古屋まで高速バスで参りました。

車中では、ウオークマンで、映画の「駅馬車」のセリフを何度も聴いておりました:

宮本武蔵師は、名古屋に滞在時には、この東光院に滞在し、当時のご自分の流儀であります「圓明流」を地元の方々に

指導したそうです。東光院は、笠寺の向かいあります。

笠寺には、宮本武蔵師の供養墓がありますね。

-----------------------

This roll of caligraphy shows kanji-written mantra by Musashi Miyamoto. This work is a genuine one. According to the ledend, Musashi wrote the first two kanji words by his right hand, and wrote the rest with his left hand. I think that he always used both hands intentionally in his daily life and as his own daily practice of using his hands for improving his fencing skill/

Musashi used to stay at a temple called Toko-in Temple in Nagoya. When Musashi stayed there, he reportedly introduced his own fencing style to local people and practiced with them his own fencing style in order to promote his own fencing style in the district. The temple is just in front of Kasa-dera Temple in current Minami Ward, Nagoya City.

 

 

 

 


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/37274