【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

◇飯塚市行政(eマナビ+公民館)への批判!!!

否定内容を、no や not を使わずに云うのが大事なコツで心得です!!!!!

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2019/5/05 10:48:21







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

英語は簡単!! 講座211回
【「定休日」の表現他(1) 】

Sincere Greetings! Hope you all doing fine. 
どうぞ、貴社の全員がご覧下さい:

「(今日)あのお店は定休日よ」を
英語で如何云うでしょう?

【It is not open day.】 と
表記したEマナビ刊行物があります:

が、この英語は明らかな間違いです。
情けないですね

正しくは It is not open today.となります。

ですが、
「定休日」はもっと簡便に言えます。

「~でない」との否定内容を、
no / not を使わずに
云うようにすると、意図はより通じるようになります。

明日当社は定休日です
⇒【We're off on March 6.】

明日はtomorrowでなく、日付のほうが誤解を招きません。

明日の場合でも、確定の予定は 
will beでなくて、現在形で良いです

毎週火曜が当社の定休日
【We're off every Tuesday.】ですね

今年のGWは10連休ですね、
これを海外取引先に通知をする方が
良いですね。

海外では別に連休ではないですから。
どのように表現するでしょうか?宿題です/
========================

It is not open day.に付いて、
飯塚eマナビから、訂正の記事が、
その次の会報に載っていました。

恐らくは、原稿ゲラの確認を
当該英語講座ご担当の大藪先生に見せないまま
編集や印刷を進めたのでしょう。
当該の広報誌ご担当者らがですね

ですから、運営は杜撰と批判を小職はするわけです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
尤も、英語では、否定内容を no や not を用いず
表現するのがより良いですね

英語学習者の皆さま、どうぞ、ご参考くださいませ

末次通訳事務所・末次賢治拝
May 05/2019





  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/37617