【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

May-13定例配信【 日本人英語心得!! その1とその2】Ken's Office

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2019/5/13 07:31:24
皆さま、定例配信です:【 日本人英語心得!! その1】
末次通訳事務所です、いつも有難う御座います。下記ご覧下さいませ

Hi,Readers!! 

今回から、我々日本人、特に英語が少し不得手な社会人、ビジネスマンの向けに
【英語を使うときの心得】を全6項目ご紹介します:皆様が英語で海外の企業と折衝する状況になった場合、有益な心得です:

1)恥を捨て去る⇒大胆になる。
2)腹の底から大きな声で話す。
★何と言ってもこの事が優先されます。特に日本人の場合には。とかく、我々日本人は、
シャイな方が多く、集団の中でも、自分単独で目立つ事を避けます。また、自己主張を
それほどしない傾向にあり、「寄らば大樹の陰」の様な姿勢があり過ぎます。問題です。

★最近は、若い人は自己主張する方も増えてきましたが、まだ、「恥をかく」のを
気にする人が多いです。英語の上達には障害になります。英語を使う(話す)場合は、
他の人の目を気にせず、堂々をする事です。

★何より、大きな声を出す事です。お腹の底から声を出しましょう。特に女性は、
恥ずかしがって、声がか細い傾向にありますが、それでは、Excuse me? とか I’m sorry? という風に、話の途中で、相手の英語人から訊き返されます。9割の場合、発音や表現が悪くて聞き返されるのではなく、声が小さくて何て言っているか良く聞こえない為に訊き返されます。必ず、大きな声で英語を話しましょう。

★先ず、日本語で結構ですから、早口言葉を一息数回セットで、大きな声で繰り返し、口を細かく、大きく動かす様に練習をし、息をよく吸って、声が太く、
強くなる練習をしましょう。

★早口言葉の練習⇒「京の狂言師が京から今日来て、今日狂言して、今日京まで帰る」
これを一息4回、言ってみましょう。途中で息を切らせてはなりません。
すると、声が段々、お腹から出来る様になります。

次の心得:3)【英語を話す自分自身】を演じる。

英語をある程度(お仕事で活かせる程度)まで話せる、
その他、使える様になるには、
演技力や想像力が必要です。最初の1、2の心得と通じるものが有りますが、英語を
使う場合は、恥ずかしがらずに、大げさに身振り、手振りをしたり、あたかも自分が
アメリカ人であるかの様に、動いたり、リアクションをしたら、些かまがいもの的では
あっても、英語のリズムが多少は分かる様になります。アメリカ人になった積りで、American Hit Parade!! 【ァメリカンヌ ヘッ・プレイd】言ってみましょう。

次回は、4)物事を英語で考える/5)知恵を使う&機転を利かす6)お気に入りの英語表現や歌などを自分で作って、それをいつも使う&縦横無尽に応用する。」という事をご紹介します。ご参照くださいませ。ご質問は何なりとどうぞ。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
タイトル:【 英語心得!! #2中学英語】

英語学習のコツは、中学英語を活かす事にあります。表現にはキリがありませんが、
幾つかご紹介します。中学校の教科書に載っている表現を応用したら良いですね:

【This is my first visit to USA.】の表現➡➡初めて~するんです/これで3回目?の表現。

★特に来日の外国人や自分の経験を紹介する場合に使えます:
*This is my first on-the-job training.(初めての実地研修です)
*This is my second sales project this year.(今年2回目の私発案の販促キャンペンです)
*This is my first trial.(初めての挑戦です)食べ物を食べる時に等に使えます。
*This is my bag. ⇒「私の十八番はこれです」という言い方です。

★上の表現で相手に尋ねる言い方(初めて~すると?これで4回目?)の練習です:
*Is this your first model of this?(御社では初機種ですか?)
*Is this your second stay in Japan? (滞在は2回目?)
*Is this your third branch office in USA?(御社の3つ目の駐米事務所ですか?)

★What’s your ---?の表現:この言い方も便利ですね。
*What’s your honest opinion(/comment) on this problem? (本当はどう思っとうと?)
*What’s his idea about this project?などと応用性が有ります。
*What are its materials?(この製品の材質は何?)
*What’s your sales plan next three months?(今後、3ヶ月の御社の販売計画は?)
*What’s the system of this water-supply machine?(この給水器はどんな仕組み?)
*What’s your new year’s resolution? (君の新年の抱負は?)
*What’s your company policy? (社是は何ですか?)

他にもたくさんの基本表現パタンがあります。
中学で学習する内容で、中学英語こそ、ビジネスでもよく使う表現基本となります。
全部の事例は星の数ほど膨大過ぎて、全ては此処では書ききれませんが、最低でも
上の表現から色々と練習し、実際に使える様にしましょう。

ご参照くださいませ。ご質問は何なりとどうぞ。
末次通訳事務所・末次賢治拝May 13/2019             
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/37640