【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

◎6/18 定例配信➡「英語商談に備えるListening練習その①」

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2019/6/18 14:34:32
定例配信です、下記ご覧下さいませ >末次通訳事務所次回の配信は、来週の月曜日6月24日です
「英語商談に備えるListening練習その①」
  Hi there! How goes your business? Great?
各会員企業の全社員が当連載をご覧頂けると幸甚です:
貿易/海外事業展開等で英語を使い仕事をする上では「高いlistening力」が必要。
※字幕なしで海外のドラマや映画が分かる力があれば良いです。皆さんは如何ですか?海外側発言内容が完全に分からぬと商談が上手く進みませんね。
「Listening力」UPのコツを開示し稽古します。海外人が実際に話す速度は学校や各種英語講座での発話速度よりも早いです。
今回は「基本編1」です:
1)相手発言中【キャン】と強い目に聴こえたら、
「出来ない(can’t)」と云っています。
対して、「can」は弱い音で「カン/クン」と聴こえます。「can’t」の [n’t]は本人は云ってる積りですが、
n’t音が息に変わり、この音が消えて日本人には分かりません:
ですからキャントはキャンと成り、同様にhasn’t やisn’tもそのn’t音は聴こえません。ハズン・イズンと成ります
a[We can do that]:音/ウィヵンドぅーザ(ッ)
b[We can’t do that]:音/ウィキャンドぅザ(ッ) 「出来る」/「出来ない」の聴き違えは大きな誤解になりますよね。Plz be careful aboutthis!
2)「オンナッ」/「インナッ」と聴こえてきたら、
其々[on that]・[in that]の音。 
nの発音は舌を口内上部壁に強く当てる為に強目です。th音が続きますと、n音がth音を吸収、th音が「ナ行」音に変わります:
a [Turn on that]は ターンオンザットでなく「ターンノンナッt」と聴こえます。
b [アィ・グリー/オンナッ]は(I agree on that.)といった音になります。
3)ここで、agreeの「a」音が消えてしまいます。
単語がaから始まる場合で、aに強勢がない場合は、このaが日本人にはa(軽いアの音)が 聴こえません。故に 【I agree on that.】の前半は「アィグリー」と聴こえます。I agreeでなくて、何かその様な単語があると?と思う程です。
※ against/along/ accept他の単語類は冒頭のa音が必ず消えて、聴こえてしまいます。
a[イズンナッ・ゲインスt /the rules?]カナの箇所は掴めます?
Isn’t that against the rules? です。Isn’t thatは [n’t]が消えて[イズン]となり、
Isnの次のthがn音に吸収され「イズンナッ」。 更にagainstの[a]が消え「ゲインスt」と変化。
b[イッthe プライス・セプタボぅ to you?]⇒
これは[Is the priceacceptable to you?]です。 よく発言されるセリフと思います/
この価格は貴社にはOKですか?との意味内容ですね
[acceptable]のaアが消えてしまいます。
※acceptableは[ce]に強勢(アクセント)を置きますから、[ce]部分は強く発生しますが、その他の母音は弱くなり、特に冒頭のaが日本人の耳には消音に成ります。
4) 【Tom isn’t ワリィユゥストビィ 】←宿題:
↑の下線部がこのカナの様に聴こえる場合、さて何と発言しているのでしょう?次回迄にお考え下さい。
英語が得意な方はお判りですよね?この様な事が分からぬと英語商談すらおぼつきません。
※英語セリフ130題聴取る練習ができる当社サイトをご紹介します:ご覧下さい↓
http://fukuoka.shoplog.jp/niten/37137.html 各英語セリフを1回聴いて何て云っているか?聴き取れるか?皆様試してみて下さい。
1回のみで全セリフが正しく分からねばなりません!でなければ英語で商談等は出来ません!
※さて当社では英語リスニング力を高める企業研修を実施中です。レベルに合わせて色々な音源を用いて繰り返し練習をしています。貴社にてご希望があれば試しに実施します。遠慮なく小職迄お知らせ下さい。Thanks for reading. 「聴き取り」を含め英語全般の質問は当社:yhniten14k@yahoo.co.jpへどうぞ!   ------------------------------------------------

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/37788