【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

定例配信その1(8/05分)です:下記ご覧下さいませ//末次通訳事務所から

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2019/8/05 11:44:00
定例配信その1(8/05分)です:下記ご覧下さいませ//末次通訳事務所から
皆さまは、次のセリフをサッと英語で云えますか?
1) 吉本興業も困った事になっています
2) 吉本興業に世間の耳目が集まっています。

この2つのセリフを目にして、サッと英語で言えないと、その方は英語を使えるとはとても言い切れませんですね
私は今、福岡県にいますI'm in Fukuoka now. ですね
皆様はどちらの方ですか?東京の御仁でしたら、You're in Tokyo. ですね
I'm  とか、You're とかのあとにin 場所(地名)が来れば当該人がその場所にいます となりますね
安倍総理は東京にいますから、PM Abe is in Tokyo.ですね
うちの佐藤部長は会議室にいますDirector Sato is in our meeting room.ですね
この inの次の「場所」を 『状態』に替えると、表現が広がります
・I'm in luck today. 今日はツイている。・My mother is in hospital.母ちゃんは入院しています
そして、1の課題はYoshimoto Kogyo is in trouble. ですね
かって小保方さんもそうでしたねObokata-san was in a big trouble before. =小保方さんも以前はとっても困っていました。
==============2の課題は、 go to の出番ですgo toは、向け先、向かい先、行き先ですね
Lots of attention go to Yoshimoto Kogyo.
これで良いですね、この go to の使い方はとっても便利です
岡本社長に多くの批判が集まっています
Lots of criticism go to Mr. Okamoto for his sluggish press conference.
この様に云えば良いですね。go to~表現はとても使い道が底なしに多いですよご参考くださいませ
この定例配信について、新規に下記の通りご案内です。今週8月9日からは、希望者(有償です)のみに配信します。なお、既に通信講座の受講者の方や英語で何て云う課の会員の皆さまは、有償免除の無料配信です ですから、通信講座の方や英語で何て云う課会員の方はその点ご安心下さいませ==============



ご案内 8月から~~の2019年度 聴講生(定例講義受信者)の募集です

末次通訳事務所では、毎週月曜日&金曜日に、実用的(有益な)英語講義を配信しております:これは、会員制で、会員の方に配信を致します。
皆様の英語の捉え方が正しくなり、英語理解力やいわゆる frame of referenceの知識が向上致します皆様、frame of referenceってのは英語の力アップには絶対的に必要なものです:
受講方法は3通りあります:1:年会員制>【向こう一年間】⇒開始日から1年間52週分(104本の講義)これらを受信したい方は年会費:【12,000縁】をお支払いいただけましたら、さっそく配信を開始します
2:月間会員制>単月ごとの受講でも結構です。単月の場合は、毎週(全4週)で月・水・金と週に3回に配信します。会員費(金額)は、毎週1000縁でx4回/月=4000縁です
3:3か月毎制>配信ペースは年会員と同じです会員費(金額)は、1か月1000縁でx3ケ月=3000縁です

配信は、・毎週月曜日と金曜日 (祭日の日でもお盆正月でも配信します)※単月コースの方は【月・水・金/週x4週】です各々の方に対して、配信開始から向こう1年間継続します
・配信の中に、練習問題を含めます。ご回答には添削をします。
配信講義内容は、主に次の通りです・7月末ごろは、be動詞+前置詞の簡単手法・8月は go to/ come from などgo と comeの使い方をメインに・9月は、再度、haveの使い方・9月下旬~10月は英文の理解方法をメインに
・10月は論理的な英語展開方法をメインに・11-12月はビジネスでの英語の使い方をメインにします
有償で配信を受けたい方はお知らせ下さいませお振込み先をご案内致しますなお、・「通信講座受講者」の方や・「英語で何て云う課の会員の方」にはお支払いは免除ですから、この点はご安心下さいませ===============================
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/37913