【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

〇英語基本語法講義 その2:動詞の時間の意味、名詞の無冠詞、過去形・現在完了形ほか
(有)末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流> 
皆さま、質問が多い事項に付いて私が以前に纏めました末次流の解説講義ですご覧下さいませ
英語語法基本資料その2)

<6. 動詞についての正しい理解>:
・動詞は何でも他動詞である// 心が動く意味の動詞は他動詞 ・名詞であっても動詞で使える単語が多い(道具や手段の名詞は動詞になる)
★重要点:<1.動詞は[現在形]というだけで⇒⇒ いつもは/普段からそうしている、の意   ~という動作を習慣的に、習性でしていますの意 >があります
2 [過去形]は⇒【その時はそうだった、/(だから今は違う)の含み】があります。
★「動詞の現在形」は、実際には、過去、現在、未来に関係なく、普段からの事ですね。
例)【「うちの事務所は、この丘の上にあるんですよ」⇒ Our office stands on the hill.   一週間前も、昨日も、今日も、明日も、あさっても、そこに在るのですから  実際には、時間(経過に伴なっての行動変化)には、無関係の事実ですね。 現在形は、いつも/普段の事を示しますので、実際には、時間変化には無関係の事を指しています。
例) I get up at 6:00 a.m. は、いつもは朝6時に起きます  (⇒休みなどの時は起きるのが遅いとの含みが有り)
★always と often についての正しい理解I often get up at six in the morning. と I always get up at six in the morning.との違い:★↑oftenは、[よく/しょっちゅう]、の意。 ★↑alwaysは本当に文字通り、いつも(365日毎日)の意。
・Birds chirp. ⇒普段の習慣・習性ですから、鳥というものはピーチク・パーチクさえずるものです、
・Cats sleep well. ⇒猫というのはよう寝るものです 
・Cats often loam.⇒猫というものよく、ウロウロします。との意。
★[often]は決して「しばしば」という意ではないです:※ 学校や塾、教科書や参考書類で <often=「しばしば」>とするのは、本当に止めて欲しいです。
<7.現在完了形の真意>
3 [いわゆる現在完了形]は⇒⇒★何かの動作/活動が終了したり、続いている時の、発言者の気持ちが意味合いにくっきりと入ってきます。
例)I have just finished my homework. の(真の意味合い)⇒⇒「丁度宿題が終ったよ⇒じゃ、遊び行こう!/フー、きつかった!/ヤレヤレ、腹減った!」などの動作(宿題)を終えたときの気持ち/感情を、まだ、haveしている(引きずっている//持っているのですね)。
<以下の例文は、英語の物語(宇宙飛行士の話)と(ガチョウの習性の話)から>時間の意味合いがよく判る様な日本語訳をしますと、
・The earth looks really beautiful against dark space.⇒「地球(というもの)は、暗い宇宙を背景に、本当に美しく見えます(見えるものです)」不変の事の意味
・On the earth, we enjoy fishing for fun.⇒地球では、よく趣味で、釣りをしたりします。(⇒普段の習慣を意味)
・ Have you ever watched a mother goose with her baby geese? Never?When the mother goose begins to swim, her baby geese begin to follow her.⇒皆さん方は、ガチョウのお母さんが、複数の赤ちゃんガチョウと一緒にいるのを(果たして)見た事が有るでしょうか? え?一度も見た事がないですか? 母ちゃんガチョウが泳ぎ始めると、赤ちゃん達も母ちゃんの後に付いて行くのです(動物類の習性の意味合い)
*私訳の「果たしてーー?」の部分が、現在完了形のhaveの意味合いです。
*現在完了形には、発言者の何らかの【気持ち】がこもっています。 気持ちを入れて質問をしています。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<8.過去形について>c) My father was a policeman. (裏の(真の)意味合い⇒今は警官でない、ですね父ちゃんは、かつては、警察官でした、という意味ですから、「今はそうでない」、という含みがあります。
過去形というのは、あくまでも、「その時は、そうであった」ですね英語では必ず、時間をはっきりさせます。当該文中に、「過去のいつ」が明示されていなくても、その前後の情報の中に、【いつの事をさしているか?】が、明示されています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<9. it/ it is について>(天候や時間、形式主語/形式目的語の場合の it/ it is の意味合い:
天候/時間の it is の意味や、形式主語・形式目的のit の意味合いは、「ほら!、ねえ!ちょっと見てよ・聞いてよ!」という意味合い、相手の注意をひきつける意味合いです
・It’s fine today, isn’t it? ほら、ねえ、今日は良か天気やね!・I found it very difficult to talk my father out of smoking.⇒いやー、とても難しかったんですよ。父に禁煙を勧めるのは。
★[itは、話し相手の注意をひきつける「餌(えさ)」のような意です:これは是非覚えていて下さい!

<10. 第4文型の真意: <主語+動詞+相手+対象物> >※ Mother wxggwxed me a lot of delicious cookies. の意味とは?⇒
★第4文型は、主語が、相手の為に(わざわざ)対象物を(用意・手配・段取)してあげる の意があります★4文型、というだけで、既にその意味合いがあります。(~~してあげる、の意味合い)
・Our teacher gave us some advice on our future jobs.⇒先生が僕らに、将来の職業のお話をして下さいました。
・Ken will teach you how to use the internet.⇒ケンが、君に、インターネットの使い方を教えてあげるでしょう、
<11. This is apple. について>(これは、語法上、間違っているでしょうか?)⇒間違いではないです:※名詞は、無冠詞になると⇒ その名詞の「特性、特長、特長、本来の使用/存在目的」が意味になります。
無冠詞の名詞は、数の対象になりませんから、意味合いが変わってくるのですね:
良い例は: go to school/ go to bed といった言い方です・My children usually go to school at 8 a.m.                   学校には勉強しに行きますので、「勉強する場所」で schoolは、無冠詞で使います。
教科書の業者さんが、学校に用談で赴く場合は、go to a school/go to schools/ go to the school(s)などとなります。
業者さんは、勉強しにその学校に登校する訳でありませんので、冠詞や数が入ります。
・We’ll have to go to work by eight tomorrow morning.これも同様に、職場に出勤するのですので、workは、無冠詞で、仕事場・職場の意味合いです
・Let’s go there by car or bus!! ※by bus/by carいずれも、移動手段ですから、無冠詞です。
(※ I came to school in my mother’s car today.「母ちゃんの車に乗せて貰って来た」と云う場合は、by my mother’s car でなくて、in my mother’s car.となります )
You have to go to bed.も、寝なさい、という意味では、 go to bed(bedが睡眠場所)という本来の意味で使いますので、無冠詞ですね。
You have to go to your bed.でしたら、子供さんが勝手に父ちゃんのベッドで寝ているから、自分のベッドに戻りなさい、ですね、決して、「寝なさい」の意味ではなくて、別の意味合いになっています。

練習問題:「食物は我々の生活に必要です」★このセリフの「食物」は数に関係ないのでFood is a must for our life. ですね (勿論、他にも色々な言い方手法が有りますが)
「当店には、色々な食糧がございます」★今度のセリフの「食糧」は色々あるとの事で数が関係しますのでWe have various foods here.ですね
「馬は役に立つ動物です」★この場合の馬は、馬の特性を云っているので、無冠詞で良いですHorse is a useful animal. ですね
ご参照ください。ご質問は何なりとどうぞ。更に、↑の日記に続きます(前置詞などの講義へ)ご参照ください。ご質問は何なりとどうぞ。【<兵法・英語二刀一流>末次通訳事務所 末次賢治】
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/37917