【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

◎福岡市内の「ヤマト運輸配送センター」での職場での暴力叱責について

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2019/11/28 07:05:28

★職場での上役からの暴力に付いて
福岡の、ヤマト運輸の配送センターにて上司か職場の先輩とみられる男性社員が部下か後輩とみられる男性社員に大声で叱責をし蹴りを入れる動画が先ほど、KBCの朝のニュースで流されました。
新人は、年齢と問わず、仕事上で、色々と失敗をしがちですね不慣れですからね、仕事上で、部下や後輩などを叱る際、暴力をふるうのは間違っています。お互いに大人ですしね。
もし、相手が部下で、或いは、同僚でも、明らかに犯罪を犯してそれにより企業が窮地に陥るという場合は手が出るかもしれませんが、それは稀な事でしょう!仕事上のミスや間違いやお客様方にご迷惑を掛けるという場合で、部下や仲間を叱責する場合でも、手を挙げてはなりませんですね。
私は今は自営業ですがそれ以前は、大阪で2つの企業にて仕事をしました2つの企業は、どちらも商社で、片や明治7年、片や明治10年の創業の企業で、150年近くの歴史がどちらもあります。つまり伝統ある商社にてお仕事をさせて頂きました。しっかりした企業です。色々と叱られましたが、それは当然、口頭による叱責で暴力などありませんでした。それが当然です。暴力をふるって相手を叱るというのは企業としての程度が低いですね
もし、俺が部下で、上司から叱責を受け、その上、暴力を受けたら暴力に付いては、徹底して抗弁します。仕事上の叱責で、手を出されるのはおかしいと、商社経験を通して、身に付いているからです。理不尽な事には、毅然と、強く抗弁します
(有)末次通訳事務所・末次賢治拝Nov.28/2019












  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/38124