【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

○[広報]二刀流通信09~

Nov.27「汝等、その基を努めよ」(末次哲学)

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2020/11/27 08:56:06
いま、有難い事に、
某動画サイトで、
1984年放送の『宮本武蔵』を
そのサイトに挙げている方がいます。

役所広司さん主演です


丁度、小職が、
高校3年生の4月から卒業時まで
一年間放映された分です。


そして、添付写真の場面が、
先日の回『甦る剣』で流されました。
私がとっても好きな場面の1つです
~~~~~~~~~~~~~~~~


吉川英治先生著『宮本武蔵』の
内容は程すべての部分がフィクション、
つまり創作でありまして、                  
史実ではありません。


武蔵の生誕地、巌流島の決闘の経緯、言動等々は、
元々創作史話「二天記」に基づいておりますので、
フィクションであり、史実ではありませんね。

ですが、さすがに吉川先生のこの小説『宮本武蔵』は、
物語内容がとっても素晴らしく、色々な名場面があり、
読者に深い含蓄や啓示を与えてくれます: 

 
その1つが、徳川幕府への仕官(就職)の話が
とん挫し、ちょっと落ち込んでいる武蔵が、
生き方に迷い、旅を続けているときに、
京都・妙心寺の愚道和尚に会い、
教えを乞いましたら
次のように啓示を受けました:それが、   

【汝等、其の本を務めよ。    
 白雲は百丈の大功を感じ、 
 虎丘は、白雲の遺訓を嘆ず、
 先規かくの如し。
 誤って葉を摘み枝を尋ぬること莫んば好し】
         (吉川英治『宮本武蔵』より)


この言葉は実際に在ります。愚道和尚も実在ですし
武蔵師との交流も確認されています。実際に、武蔵作の
「達磨図」に愚道師が、賛を書き入れております                       
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~                                              
上述の場面は創作ですが、さすがに小説の名人ですから、
上手くまとめております


★今朝方の人生・兵法講義に漢詩:  
「汝等、その基を努めよ」をご紹介しました。

★続くのは、
「白雲は百丈の大功を感じ、虎丘は白雲の遺訓を歎ず。
  先記、斯くの如し。
  誤って、葉を詰み、枝を尋ねる事 漠(な)くんば良し。」        


意味は、人間というものは、各々の本業、本分に勤めよ。
間違って、枝葉末節にこだわるな、/本分以外の方向に行くな!という事です。                           
皆様の「基(=本分」とはなんですか?                                        

★決して、枝葉末節に囚われず、
 本質を突く事、本質を実践する事が求められます。     

★本質を理解するだけで満足するのでなく、
 それを実行する事が求められます。                                                  
 【末次通訳事務所】ーーーーーーーー


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/38964