【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

◇初級者向け 英語を使うコツ講義(無償課題付き)

○英語の連続音講義1

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2009/5/25 13:33:20

皆様お世話になります。末次です。
whoの使い方は明日講義をします。
尚、本初級者向け)英語基本講義は無料ですから
お仲間や職場の同僚、お取引先様の皆様などにお勧め頂けませんか?、
=======================
 
英語の練習で一番難儀するのが
「英語の単語が辞書に載っている」、或いは、
「学校で学習する音の通りに」 聞こえないと言う事です。


洋画を見ても、とても外国人の役者さんたちは、
とても早く話している様に感じます。が、そのセリフは
表現自体は私達が中学で学習する平易な表現、
簡単な言い回しが7、8割です。セリフ自体は簡単なのに
聞き取れないと言う場合が殆どですね。

 

英語は音が色々と変化します。こうした変化を体得できれば
英語の聞取力も向上します。よくある例をご紹介します。

 
1) But I don't think so.(でも、俺はそうは思わんばい)

* But I は、<バット アイ>という音にはなりません。
 [バライ] という音になります。
[バライ ドン(t) スぃンク ソー]

* don't の tは、頭の中で言う感じで、声には出さない場合が多々あります。


2)Let's pick him up right away.(すぐに迎えに行こう)
* pick him up は、 [ピッキマップ]となります。
him のhの音が脱落して、ヒムがイムになり、
kとくっついて、キムとなり、更に、ムのmが
uとくっついて、マとなります。
 
right awayが、軽く「ライラウエイ」 という感じになります。
 

3) We'll try to call them. の場合は、
try to ~ の [to]は、ル になります
トライトゥ でなくて、トライルゥ という感じですね。 
この3つの文を何度も何度も、声に出して練習しましょう。

Presented by Ken Suetsugu


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/4125