【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

☆英語を使うコツ◇

○講義:[ゆっくりとしか食べられない]の英語での言い方とは?

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2009/6/26 18:05:48

皆様、お世話になります。英語通翻訳業の末次です。
いつもの英語講義です。
この配信は、7月から少し趣を変えてお届けします:
======================
 
さて、次の事を英語で云いたい場合、
どの様に言いますか?皆様は。
 
「私は、ゆっくりとしか食べられないんですよ」
 
過日、こうした言い方を英語ではどの様に言うか?と
質問がありました。
 
皆様も、ご一緒に考えましょう。
 
○但し、日本語の文字に囚われると、通じる英語が逃げていきます。
 
○ I can't eat fast. と思う人が多いでしょう。(字に囚われて)
 
しかし、末次二刀流では、違います。
*私は、日本語(の「字」や「口先だけの発言【表面上の字面の意味は全く信頼していません】)
 
上の言い方は、【I'm a slow eater.】 と表現します。
 
普段から、癖や習慣で、
『ゆっくりとしか食べない、かっこむ様にバーッとご飯を食べない』のですね
 
ですから、
普段からゆっくりご飯を食べる人、という風に言いまわせば良いですね。
 
コツは、品詞を変えてしまう という事です
 
日本語では【動詞】を英語では、上記の通りに、名詞で言うと
上手い具合に通じる場合が多々あります。
 
家内に料理が上手い⇒My wife is a good cook.
 
うちの息子は、手先が器用です ⇒My son is a good craftsman. という感じです
(モノづくりが上手いという意味合いで)
 
次回に続きます:
 
=======================
 
<お知らせ>
 
○【英語通訳・翻訳者養成教室】○夏期開講のお知らせ
○【英語通訳・翻訳者養成教室】○
⇒英語のプロ志望教室の受講者募集!

 
<経緯>
末次通訳事務所は、将来の英語通翻訳者を
養成する専門教室をこの7月から開設します。
通常の英語教室はしておりましたが、
プロの通翻訳者を育成し、その起業化を
指導・支援するコースは初めてのモノになります:
 
私は来年中に移転を考えております
そこで、私がいなくなった九州地区の翻訳業務や通訳業務を
担当できる方を育成したいと思います。
 
○種別:2種類のコースがあります。
1)筑豊地区の方: 対面授業をします。
2)遠方の方:通信講座にて授業を展開します。
 
<特徴>
1)日本語/英語の基本から英語・日本語の変換技術、
  そして、営業展開の手法も指導します!!!

2)企業間のビジネス通翻訳が弊社専門ですが、
  学術論文の翻訳、戸籍謄本の翻訳ほかの分野での翻訳も
  網羅しており、技術をお教えします。

☆翻訳業務は在宅勤務なので、女性には最適です。
==========================
○募集期間 6月26日~8月31日まで
○訓練期間 1年~3年くらい (受講者の能力によります)

●お月謝:対面授業の場合:\4,000~\5,000円(@\1,000/回)
      通信講座の場合:月に5千円
それ以外は不要!
 

●対面授業⇒週に1回の授業と電子メールによる毎日の授業での練習・稽古:
  通信講座⇒日々2種の課題を配信します。

★希望者には無料トライアル授業をします:
(対面授業、及び、通信講座共に1カ月間無料で試しに受講して下さい)

☆特典:成績優秀な受講者には弊社お客様を紹介し、
    独立出来る様にキチンと訓練と指導を致します。

☆注意:

弊社の教室は厳しいものがありますが、【とても厳しいです】プロを養成しますので。

「社会人として経験豊富できちんとしている方」には、すんなり受け入れられると思います。
【社会経験が乏しい人や創造性の無い方、公務員経験者】には向いていないと思います。
【根性と創造性、道を開く事が出来る力】のある方は歓迎します。

お申込みやお問合せ:下記の通り: 
---------------------------------------------
【兵法の心で、御社の海外業務をお手伝い!!】
 
<兵法・英語二刀一流>
末次通訳事務所 
代表: 末次 賢治 拝
Phone/Fax:0948-28-4035
fuku@eos.ocn.ne.jp
http://fukuoka.shoplog.jp/niten/
 
====================
 


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/4459