【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

○二天流ビジネス英語講義ほか

○貿易業務上の日本側の不安2:

【クリーンB/L ファウルB/L】の問題と【これを牽制するコレポン】


4)貨物事故などに対する不安: 梱包の重要性


a)最初から疵や不具合のある貨物を持ち込むと、
 貨物を出荷するとB/Lが「クリーンB/L」(貨物が無傷である事を
 証明するB/L)でなくて Foul B/L(故障付きB/L)の扱いとなり、
 L/C取引の場合、荷為替手形を銀行が買いません。 

 

つまり、輸出者に代金が入りません。また、補償状を輸出者が船会社に
差し入れて、この問題を回避しても、貨物に疵がある事は変りませんので、
輸入地では貨物に付いて問題が生じます。


こうした事になると損害賠償などで手間や労力がかかりますので、
最初から、疵の無い貨物の出荷を きちんと相手に確約させる事が必要です。


○コレポン内容:

傷などない貨物の出荷確認依頼のコレポン「出荷に際しては、
弊社発注品は、不具合や疵が無い事を保証して下さい」


Please assure us that our order must be defect-/damage-free
when you load it on the vessel and ship it to us.
Otherwise, we will cancel this order.
 

======================


ご参照ください。ご質問は何なりとどうぞ。
【末次通訳事務所】


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/4462