【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

◇初級者向け 英語を使うコツ講義(無償課題付き)

英語基本講義:HAVEの使い方#2

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2009/7/13 18:31:33

皆様、こんにちわ。前置詞の講義と並行して
have の使い方も紹介します。

私の得意技でもあるhaveを使う表現は便利で、言い易いですね。

====================================================

★「~があります」と言う場合、

学校では "there is / are---"と言う方を学習します。 

ところが、haveを使うと、文が引き締まります。

私がこれまで習得した英語感覚では、
「~があります」と言う場合は、have を使うと、通じる英語の形になります。

★「1年は12か月ある」A year has 12 months. となります。

※monthsは、マンツ ですね

★「春は、3月、4月、5月と3ヶ月あります」
Spring has three months: March, April and May.
⇒春は、3つの月を持っていると考えます。

★「うちは、6部屋あります」My house has 6 rooms.

★「私のクラスは40名です」Our class has 40 students.

「私のクラスは40名です」と言う時、
(私たちのクラスは、40名の生徒を持っている)と考えます。

★「我が社の社員は100人です」We have 100 workers.

★「我が社(私たち=weを使いますね)は100人の従業員を持っている」 と考えます。
 従業員は文字通り英語で言うとemployee ですが、
 worker でも良いですね。 ワーカーは日本語になってますね。

この様なhaveの使い方の呼吸はお判りでしょうか?

ご質問は何なりとされて下さいませ。

練習課題:英語で言いましょう
1)「人間には目、耳が両側に1つずつ、口が1つあります」
 
【Ken's Office】



  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/4661