【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

キャンペーン

 ~~ 【一切無料】の将棋教室 ~~<たのしく&将来に役立つ将棋教室>

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2010/1/03 11:26:08

~~ 【一切無料】の将棋教室 ~~

<たのしく&将来に役立つ将棋教室>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

開講者<末次通訳事務所>・代表:末次賢治
=========================================

開講の目的1) 将棋による知恵力、工夫力の養成
      2) 知恵・工夫力による人生づくり、生活・仕事への応用
      3) 将棋による人間形成・地域社会の文化向上

○年齢を問わず、開講しています:
=================================
将棋を習いたい方、将棋を強くなりたい方はどうぞ弊門を叩いて下さい!!!


(★対象棋力:初級者~アマチュア1級程度)



<将棋とは?>
~~~~~~~~~~~~~~~~~
古めかしく、暗いイメージがある「将棋」ですが、それは大きな誤解です。
「将棋」は、知力の格闘技です。

右脳を鍛え、考える力、工夫する力を鍛えるゲームです:

将棋は相手と戦うゲームですが、
「戦い」とは、「自分との戦い」・相手との戦い」です
その中には、礼儀/色々な創意工夫/知恵/心のコントロールが必要です。

ですから、将棋をする事で色々な知恵が学べ、
生活やお仕事に応用できる様になります。


その証拠に、織田信長公、豊臣秀吉公、徳川家康公ほか
戦国武将をはじめ、歴史上の多くの方々が、
将棋を嗜んでいました。将棋は戦や生活・兵法の勉強になります。

同時に、企業経営者には将棋や囲碁を趣味として嗜む人が多いです。

*将棋/囲碁は、経営力の総合的な勉強になります
 将棋は出来ないが、自営業を考えている、自営業をしていると云う皆様にも
 将棋はオススメです。なぜなら、将棋は、自分の複数の異なる戦力を使って
 相手と戦うのですので、
 人を使って営業をはじめ企業活動することに本質的に同じです:

○【末次通訳事務所】では、将棋を皆様に奨励しています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

将棋が上達すると、「工夫力」が高くなり、
自分の個性を活かして、社会を生き抜く力が養成されます:

私が、プロとして、英語で通翻訳できるのも
その基盤に、将棋を通して得た「応用力」や「知恵」がある為です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

将棋教室概要:

対象:不問: 特に、将棋初心者を中心に指導します。
         先ずは、アマチュア初段位を目指しましょう!

教室場所: 「弊社所在地(飯塚市鯰田2425-63-#202)」 或いは
         「皆様のご自宅」や、その他「公民館」や「指定場所」にて

内容: 色々な事を一緒に勉強します:特に力を置く箇所は次の通り:
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1)初級者の指導の場合:a) 駒(特に、歩、飛・角、桂馬、香車)の使い方

b) 相手の王様の動きを封じる練習
           c)相手の手を防ぐ練習

2)低級者の場合:a)駒落ちでの指導、平手での戦型の工夫研究
        b) 序盤(戦い始め)の王様の防御と攻める態勢作りの研究
        c)序盤で、有利に立つ手法の研究

3) 上級者の場合:a)中盤⇒終盤の相手王への寄せの考え方
         b)中盤での形勢逆転の研究
          c)手の損得と 駒の損得
  
弊社将棋教室の最大の特徴:a)費用は無料ゼロ円です。
              テキスト類も受講者側負担なしの無料
             b)稽古は週に何回でも希望に添って出来ます。

              

いつでもお問い合わせやお申し込み下さい。
手続きなどは不要です。試しの稽古もできます: 
   

            
=====<問合せ・申し込み>========       
【<兵法・英語二刀一流>末次通訳事務所 末次賢治】
電話・ファクス:0948-28-4035
電子メール:fuku@eos.ocn.ne.jop
ホームページ:http://fukuoka.shoplog.jp/niten/
◎携帯用サイト:
http://chikuski.mobi/mobile/shop/detail.php?code=2679


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/6570