【Beneficial & Innovative Translation】

300以上の企業の通翻訳担当!
英語通翻訳力を活かし
企業の海外業務を支援!将棋/護身術研修も実施中!

店長日記

〇宮本武蔵先生の兵法理念書の読み下し

  • 末次通訳事務所 <兵法・英語二刀一流>
  • at 2010/6/11 03:53:43

弊社は、<兵法・英語二刀一流>と号しています。

これは、英語⇔日本語の通翻訳技術に

宮本武蔵師の兵法の考え・理念を応用したものです

ここで、武蔵師の兵法の考えをまとめた漢文の読み下しを

ご紹介します。これは、あまり知られておりませんが、

武蔵師著述の【五法之太刀之道・序】というもので、

原文は漢文の名文です。

============================

『五方之太刀道序』

兵法の道たる、たまたま敵と相撃つ利を己に得。
すなわち、三軍の場にもまた移すべし。なんぞ町畦あらんや。

しこうして決戦に面ずるにあらずして、勝ちを慮前に定むる。
待つところあらんや。その道を迪むべし。
しこうして、離るべからず。その法に準ずべし。
しこうして、謬まるべからざるなり。
秘して蔵さず。弁じてしばしば明らかなり。
堅を攻め、節を後にす。
洪鐘、撞くことあるは、ただ堂奥に入りてのみ獲。

本朝、中古、芸に渉りて、この法を唱うる者、数十家あり。
その道たるや、強きを侍みて粗暴をほしいままにし、
柔を守りて細利をたしなむ。あるいは長きに偏し、短きを好むなり。
刀法を構ゆるに数種出るにいたり、表となし奥となす。
ああ、道に二無きを。なんぞシ謬なるかな。
邪をひさぎ名を貪るのともがら、法を舞い、術を衒い、世人を眩曜す。
その狭小に勝ち、すなわち、いわゆる、有術、無術に勝ち、
片善、無善に勝つ。
道と云うに足らんや。一取する所なし。

吾がともがら、潜精鋭思ここに陳ぶ。しこうして、初めて融会す。
それ武士は、行座、常に二刀をおび、その用の便利を願う。
ゆえに道根二刀、二曜麗天。
法を五用に樹て、五緯に供極す。
歳運の斡転して、突起に衝拒する所以なり。
構えてなすに、五法あるを要す。時に、措くの義あり。
必ず操刀は、表奥のために有るにあらず。
もしそれ、一旦こと有りて、すなわち、長短並び抜く。
短にしてかならず長あらざれば、短にして敵に往く。
しこうして、短必ずなくば、すなわち、徒手にてこれを縛つ。
勝利往くとして、われに在らざること無きなり。
しかるに、尋ぬるに足らずして、寸に余りあらんや。
強きは弛むべくして、弱きは設くることあり。
みな、偏好せずして、時にその中を執らんと欲す。
しこうして、中は天下の王道なり。わが道この規なり。

ある人、間有りていわく、いずくんぞ知と否と有らんやと。
趙括、泰に蹶し留候、漢を佐く。

有知無知あい較ぶれば、即ち、なんぞ魚目の随珠に唐突あらんや。
そもそも、古将の言えることあり。
剣は一人の敵、しこうして、万を撃つことを学ばんと。また隘局なり。
己に達してこれを見れば、万陣の勝敗、完城の陥潰、頚然相形、
なお、その掌に示すがごとし。ああ誰か、その小、また大となさんや。

およそ、習う者は、諄々然としてよく誘いて、あまねく達することあり。
易くして誥すにあらず。
その、これを求むるに、

回を釈き正に趣、日錬月鍛、己に勤み、功を積み、
則神して符会す。目撃して存すべし。
周旋して道にのっとり、闇に服して愆らず。
ほか、臍をかむこと、あるなきを期す。しこうして後、よく得。

もし手技、卓絶して、百巧の変に騁する者ありて、
その技、これ谷まれりとも、
人に伝ゆるは、すなわち、なお藩に拾うがごときなり。
独りわが道を心得て、手を応し、
しこうして、必ず百世の師たることあり。
これを亜ぐ後、道を言うことありても、必ずわが道に従うなり。
道は同一、軌、何ぞ多からんや。
たとえ、それ舊きを厭いて新しきを吐くも、
夷路を舎て、曲径を踰ゆるなり。天鑑、誇るにあらずして大。
この道、言うべきこと、かくの如し。ただ誠心と直道あるのみ。
よって、舊これを序となす。
                           以上
========================

【Ken's Office】

 

 


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://fukuoka.shoplog.jp/tb.cgi/8925