【福岡地下街開発様】天神地下街を弊社機器で全面WiFi化

九州最大の繁華街・天神を南北に走る「天神地下街」を弊社機器でWiFi化!!

1976年9月10日に開業された天神地下街は、 九州最大の繁華街である天神の地下(福岡市中央区渡辺通り直下に位置)を南北約600mに貫いており、 福岡地下街開発株式会社様が経営する福岡最大の地下街です。 天神にあるほとんどのショッピングビルや百貨店と連結し、さらに地下鉄やバス等の交通拠点にも接続されており、 通行量は1日平均40万人と、天神地区でも最もにぎやかな通りです。

てんちかWiFi

その天神地下街(愛称: てんちか)で、開業35周年を記念して9月1日から
てんちか Wi-Fi」として、地下街全域をフリーのWiFi空間とするサービスが開始されました。

日本最大級のWi-Fiストリートを支える インフラとして選ばれたのが、弊社のPCWL-0100です。


日本最大級のWi-Fiストリートを支える機器

PCWL-0100 弊社機器PCWL-0100は、無線LANのアクセスポイントです。
アクセスポイント(AP)は、WiFi通信を行うためのアンテナのようなものですが、弊社の機器は普通のアンテナとは異なる大きな特徴があるのです。 そのひとつが無線中継機能です。

一般的に、1つのアンテナでカバーできるエリアは 半径数10m程度です。今回のような広範囲なエリアをカバーするには、複数のアンテナを設置する必要があり、設置場所やその接続方法については綿密な設計と設定および設置工事が必要です。

しかし弊社の機器では、無線中継機能によって、設計・設定・設置工事が軽減されるため、導入コストを大幅にダウンすることが可能です。(今回の試算では敷設工事のコストを7分の1まで低減)


・導入に関する詳細は、こちらのプレスリリースを参照下さい
・機器に関すしては、製品紹介を参照下さい